気分は紅葉狩りデート♪ 公園散策や紅葉スポットを満喫する自然デートコーデ♡

最終更新日: 2019/11/12 by kaori

ちょうど立冬を過ぎたあたりから朝晩グッと冷え込み、陽射しも和らいで散策に最適な季節になりました。山間部は空気も澄んで、自然を感じながらのんびりと紅葉デートを楽しめるのではないでしょうか?

そんなお外デートでは、ジャケットやカーディガンなどの羽織るコーデがおしゃれのキーアイテムに。「動きやすいのにおしゃれ」、そんなコーディネートをご紹介します。

ローゲージのビッグカーディガンは羽織るだけで決まる

モノトーンの小花柄でレトロムード満載のワンピースは、UNIQLO(ユニクロ)の「プリントシャーリングロングワンピース」。着回し力抜群なGU(ジーユー)の「ケーブルコクーンカーディガン」を合わせたプチプラコーデは、年齢を感じさせない高見えスタイルに仕上がっています。紅葉デートに必須な動きやすさも忘れずに、ベージュのスニーカーをチョイス。

ゆったりタートルが可愛い♡ ノーカラーのチェックコートとも相性抜群!

本格的に寒くなってきたら、チェック柄のコートが1枚あるととても便利。シンプルなコーデをグレードアップしてくれますよ。タートルネックも首回りがゆったりしている方が、今年らしいリラックス感を演出。存在感のある太めのリブに目線が注目するので、足元はタイトにまとめるのが正解です。

長め丈のプルオーバーはスリット入りで軽快に

センタースリットが入ったロング丈プルオーバーは、前後どちらでも着回せる2wayタイプ。深いスリットが入っているおかげで、ストレートデニムをレイヤードしても重くなりません。動きやすいスタイルなので、公園散策にはうってつけ! カジュアルと大人っぽさが両立できますよ。

歩きやすいカジュアルスタイルには、オーバー感のあるジャケットで今っぽく

旦那さまとの週末デートには、スキニーパンツを合わせたタイトめコーディネートはいかがでしょう? ホワイトTシャツにスキニーという定番カジュアルに、ノーカラーのブルゾンを合わせただけの簡単スタイル。ヒップラインを隠す長め丈や、袖をまくるとボリュームが出るオーバーサイズ感が、今っぽさを演出してくれます。

正統派トラッドスタイルは、小物使いが鍵! トータルバランスを大切に

ニットの短め丈と襟や袖のワイドなリブを生かして、ホワイトシャツをレイヤード。定番のチェック柄を合わせれば、一気にレトロ感が漂うトラッドスタイルへシフトチェンジします。

ポイントは、ビット付きローファーとメガネ・ショルダーバッグの小物使い。トータルコーディネートで、軽快さをプラスしましょう!

The following two tabs change content below.
yuikana923

yuikana923

Editor&Writer/TOKYO/Fashion 主に20代女性誌の編集・フリーライターをしています。 趣味は、お仕事と昼寝。 流行に合わせたわかりやすい記事作りを目指しています。 その他、占いやダイエットなどの記事も執筆中。