甘く着ないのが大人流! 今知りたい【花柄スカート】のコーデポイントを伝授

春らしさを満喫できる花柄スカートは、今季も人気の予感。でも「花柄の甘さがそろそろ厳しいかも……」と、モヤモヤ感じる大人女子も多い様子です。

今回は花柄スカートを使った春コーデをお届け。大人がためらわずにトライできる着こなし方と共にご紹介します。

モノトーンなら花柄がシックに決まる

花柄をシックに着るなら、断然モノトーンがおすすめ! フェミニンに寄りがちなフレアスカートも、ブラックベースのモノトーンで甘さが抑えられるから、大人女子も取り入れやすいハズです。

トップスにはざっくりとしたホワイトニットをセレクトして、大人の余裕を感じさせましょう。

パーカーコーデをカジュアルで終わらせない

花柄スカートの甘さを生かすべく、カジュアルなアイテムとのMIXコーデに大人女子が熱視線。スナップはフーディパーカーとホワイトインナーを重ねたラフなスタイリングを、花柄スカートでフェミニンにメイク♥ 女性らしさがちゃんとあるから、スニーカー合わせでも子どもっぽく見えませんね。

また「グリーン・ホワイト・ブラック」と使う色の数を抑えたことにより、大人っぽさを加速させているのも見逃せないポイント。

デニムジャケットで花柄の可憐さをカジュアルダウン

花柄スカートを今っぽくカジュアルダウンするなら、春の定番アウター・デニムジャケットの出番です!

スナップではTシャツと花柄スカートのコンビに、淡いブルーのデニムジャケットをON。マキシ丈の花柄スカートの存在が大きいから、ほかのアイテムはラフなテイストを選ぶのがベスト。その掛け算が、キレイとカジュアルのバランスを取りやすくしてくれますよ。

ネイビーの花柄スカートで理想の大人女子を確立

「とにかく子どもっぽさを回避したい!」そんなときには、ネイビーの花柄スカートを選ぶのが正解。気品と女性らしさが同時に叶うから、ワードローブに常備しておきたい逸品になること間違いなし! もちろん暗カラーによる引き締め効果も備えているので、存在感のある柄スカートでもシャープな印象を与えることができますよ。

スナップではラベンダーブラウスにネイビーの花柄スカートを合わせて、大人らしさ漂うきれいめスタイルを完成させています。またラベンダーカラーには、ブルーベースのお肌を若々しく見せる嬉しい効果も♡ 反対にイエローベースの方は肌がくすんで見えることもあるので、トップス選びは肌映りを慎重に確認してくださいね。

The following two tabs change content below.
rikona

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。