夏の屋外イベント用! 暑いからこそ映えるヘアアレンジ5選♪

最終更新日: 2020/06/23 by watabe

2020年の夏は「ソーシャルディスタンス」がテーマ。お祭りや海、BBQなどの屋外イベントが注目を集めています。

そこで今回は屋外向けのヘアアレンジをご紹介。マンネリしないためにも、今のうちにバリエーションを増やしておきましょう!

ボブヘアこそトライする価値あり! 「今どきハーフアップ」で清涼感をプラス

このスナップをチェック!

首まわりに特に熱がこもりやすいボブヘアさん。少しでも風通しをよくするなら「ハーフアップアレンジ」がおすすめです! 少し垂れた髪の間を風が通るため、びっくりするくらい清涼感を感じられます。

後ろ髪をひと束で結ぶ方法より、崩れる心配は少なめ。またトップがほぐしやすいので、今どきにアレンジしやすいのもメリットです。

いつもよりアクティブに。「高めポニーテール」で気分も上げよう!

解放感ある夏の屋外イベントでは、いつもよりアクティブに見せるのが気分です♪ 例えば「ポニーテール」をつむじ付近で作れば、活気あふれるヘアアレンジの完成。毛先に大きめなウェーブを出すと、キメ過ぎないラフ感も添えられます。

楽しい時間にヘアの心配はしたくない!すっきりまとめた「お団子ヘア」で夏を満喫♪

暑い夏、気温が高くなれば自然と汗が噴き出します。この汗がダウンバングにつくと、ビショビショな見映えに。さらに乾いた後は前髪がボサボサになって、気分もダウン……。

それならいっそのこと、前髪も一緒に束ねませんか? 「高い位置でお団子」を作れば、前髪が短くてもアレンジできます♪

「ヘアバンド&ターバン」をアクセントに。崩れ防止に役立つヘアアイテムを使いこなす!

川や海へお出かけする時に心配なのが、湿気や風です。できるだけ崩れず、お直しをしなくて済むヘアアレンジを作るコツは「ヘアバンド・ターバン」を使うこと。

崩れを防止するのはもちろん、アクセントになるので顔周りも華やかに。スナップのようなボタニカル柄なら季節感も盛り上げてくれます。本格的な夏の到来前にGETしておきましょう♪

ずぼら女子見えを防ぐ! キャップアレンジのポイントは「おくれ毛」にあり

キャップを被れば頭のほとんどが覆われるため、アレンジも手抜き気味に。しかし工夫を感じさせず、ずぼら女性に見えることも……。そこで意識してほしいのが「おくれ毛」です。

こめかみや耳付近の髪をいつもより気持ち多めに出し、コテでウェーブを作りましょう。これで抜け感たっぷり、キャップアレンジの完成です! キャップという便利アイテムだけに頼らず、ひと手間加えることがおしゃれ上級者の鉄則です♪

The following two tabs change content below.
mana.m

mana.m

美容専門学校卒業後、美容師・アイリストとして勤務。現在は主婦をしながら、ファッションやメイクの知識をWebライターとして発信しています。