夏の「黒」はこう着ればOK! 美人度が2割増すスタイリング技

定番色の中でも圧倒的に使いやすく、ついつい手が伸びる「黒」。引き締まった印象に見せてくれるカラーだから、露出の増える夏は特に着たい!という人も多いのではないでしょうか。でも重たく見える色味でもあるので、合わせ方に悩むこともしばしば。

そこで今回は「夏の黒」の着こなし方を徹底解説! 美人度が増すスタイリング技をご紹介します。

【夏の黒:着こなし方その1】「ナチュラルな色」を合わせる

夏の黒はナチュラルな印象がある色と合わせることで、軽やかさを出すことが可能です。例えば、スナップのようにカーキのアイテムを投入すると、シックな中にもヘルシー感のある着こなしに。その他、ベージュやブラウンも黒と相性がいいのでおすすめです。

【夏の黒:着こなし方その2】「白地のロゴTシャツ」でメリハリ付け

コーデに程よい「余白」を作るのも、夏の黒コーデにおすすめなテクニック。中でも簡単に挑戦できるのが白地のロゴTシャツを使う方法です。着こなしに軽やかさをプラスできるほか、黒と真逆の色味を合わせることでメリハリが付けられるメリットも。

【夏の黒:着こなし方その3】「シアー素材」でライト感を出す

トレンド続行の「シアー素材」は、黒を夏に着たい場合にぴったり! 軽やかな質感だから、柄ボトムスを重ねるなどレイヤードをしても映えるアイテムです。

モデルさんのように、ナチュラルなハットやサンダルで夏っぽさを高めるとより素敵。

【夏の黒:着こなし方その4】リラックスできる素材&シルエットで、ラフに

夏に黒を着こなす際は、キメすぎず、力の抜けたスタイリングを意識するのもポイント。

例えばTシャツなど、楽ちん素材でリラックスしたシルエットのアイテムなら、そんな着こなしが即叶いますよ。特にセットアップ販売されているものはコーデを考える手間もかからず、とても便利!

The following two tabs change content below.

naco

セレクトショップ販売員などを13年以上経験し、近年はファッションライターとして活動。シンプルなスタイルの中に、少しエッジを効かせるのが好みの36歳。「おしゃれは自分を高めるための最高の武器」だと思っています。素敵なファッションライフのお役に立てたら幸いです。カラーコーディネーター/フォーマルスペシャリスト資格保持。