厚手のニットがほっこりしすぎる…スッキリ見えのコツはボトムにありました♪

寒い冬に頼れるアイテムといえば、ざっくり&ゆるっとしたニット。オーバーサイズのニットは人気がある一方で、ほっこりとした表情がコーデをダラしなくする心配もありますよね。

厚手のニットをほっこり見せないためには、どう着こなせばいいのでしょうか?

「きれいめ感・引き締め感のあるボトム」を選ぶべし!

ゆるめなニットのほっこりを解消させたいのなら、ラフなスカートやパンツはNG。ズバリ、【きれいめ感】【引き締め感】があるボトムを合わせるのがポイントです。

例えば、生地にハリ感がある「チュールスカート」や「プリーツスカート」なら女性らしい雰囲気が加わりきれいめなムードがアップ。さらに、スカートはロング丈を選ぶとオーバーサイズニットとのバランスが整い、コーデがおしゃれに決まりますよ♪

「レザーのスカート・パンツ」で辛味を加えてハンサムに

「エコレザー」「フェイクレザー」のスカートやパンツを合わせるのも◎。レザーが持つ辛味が効いて、ゆるっとしたニットがほっこりせずハンサムに着こなせますよ♪

ほっこり感が強いケーブルニットは「センタープレスのパンツ」できれいめに!

冬の定番・ケーブルニットは伝統的な編み込み模様ゆえに、特にほっこり感が強め。合わせるボトムはかっちりした「センタープレスのパンツ」がGOODです。ゆるっとしたニットが引き締まり、コーデがきれいめな印象へとシフトします。

「スキニーパンツ」で引き締めれば、カジュアルでもゆるくならない!

カジュアルなパンツを穿きたいときは、ピッタリとした「スキニー」を選ぶのがベター。脚にフィットしたパンツならコーデがゆるくなりすぎるのを抑えて、スッキリと締まります。

さらにロングコートを羽織ると、オーバーサイズのニットが外しアイテムに変身。大人っぽくこなれ見えしますよ♪

The following two tabs change content below.

karibusa

美大卒業後にデザイナーとして活動。その後、ファッション専門学校で教員として仕事をしていました。現在は子育てをしながら、アート系専門学校でファッションイラストの講師として活動しつつ、Webライターもしています。