着こなし術を身につけてオシャレ度アップ♪ 今季こそ“デニムonデニム”にトライしたい!

“デニム”が大ブームとなっている今シーズン。中でも特に「上も下もデニムを着る“デニムonデニム”」が旬なんです♪
今まで「コーディネートが難しい上級者のスタイリングだし、着こなす自信がないな」と思っていた方も多いのではないでしょうか。今季はトライしてみませんか? 実は、ポイントを押さえれば簡単に着こなせちゃうんです! 上手なコーデのコツをつかんで、周りに差をつけるオシャレさんになっちゃいましょう♪
今回は“デニムonデニム”の着こなし術を5つご紹介します。

寅さんルックで“こなれ感”を演出。セレカジコーディネート♪


Gジャンとスキニーのデニムonデニムコーディネート。
加工の入っていない濃い色のデニムをチョイスすれば、きれいめに着こなせます。
加工したデニムは、同じ商品であっても色合いが微妙に違います。そのため、「デニムonデニムは、カラーを合わせるのが難しい」と感じる方も多いはず。そんな方におすすめなのが、“加工の入っていない濃い色を選んで、セットアップ風に着こなす”ことです。濃い色なら色ブレも少ないので、簡単にオシャレコーデが完成しますよ♪
インナーには、“抜け感”のある白Tシャツを合わせれば、セレカジコーディネートに◎
モデルさんのように、足元に明るいカラーのパンプスを合わせれば、さらにオシャレ度もアップします!

デニムのグラデーションコーデ♪ ミリタリーバッグをアクセントにして◎


上下カラーの違うデニムを合わせたコーディネート。
大きく色の違うものではなく「上下どちらかは一番濃い色にして、そのカラーよりも一段階薄いカラーを合わせてグラデーションにする」と、うまくコーディネートできますよ♪
ダメージ加工の入っていないものをチョイスすれば、大人っぽくシンプルな着こなしに◎
トレンドのミリタリーアイテムをバッグで取り入れて、アクセントをつけるテクニックも参考になります。

タイトスカートで女性らしく♪ 大人カジュアルコーディネート

上下加工の入ったデニムを合わせたスタイル。
ボトムをロング丈にしないことでデニムの面積が少なくなるので、着こなしやすくなりますよ◎
加工の入ったハードなデニムコーデも、膝丈のタイトスカートで上品なイメージをプラスすると、好バランス♡
足元は、加工デニムに合わせてブラックレザーのブーツでハードに決めるのも◎ 夏に向けてホワイトのサンダルで爽やかにコーデしても◎
デニムがトレンドの今季にこそトライしたい、個性派スタイルです!

ショートパンツで夏も“デニムonデニム”♪ ボーイッシュコーディネート 

ダメージの入ったショートパンツで、ボーイッシュに仕上げたコーディネート♪
ボトムスが薄いカラーなので、シャツも濃すぎない色を選んで“グラデーションになるように意識する”と、上手にコーディネートできますよ。
ショート丈のシャツとパンツなら、デニムの面積も少なくなるので着こなしやすくなって◎
“ハードなダメージ”も今季注目のトレンド♪ ぜひコーディネートに取り入れたいアイテムです。
夏本番にはスポーツサンダルを合わせて、トレンド感をプラスするのもおすすめです。

トレンチコートを羽織ってきれいめに♪ コンサバスタイル

「やっぱり“デニムonデニム”は難しいな」と感じる方におすすめなのが、上から別のアウターを羽織る着こなしです。白シャツを合わせる感覚でデニムシャツを着こなして◎
モデルさんが着ているような、とろみのあるデニムは“テンセル”と言い、ひんやりとした肌触りなので、暑くなるこれからの季節にぴったりの素材です。
テンセルはきれいめに着こなせるので、ボトムにはあえて加工感のあるジーンズを合わせるのが◎
足元はパンプスで女性らしくスタイリングすれば、コンサバコーデに仕上がります♪

The following two tabs change content below.

AKINA

服飾大学でファッションの基礎と表現方法について学ぶ。 卒業後、アパレルメーカーでデナイナー職に就き、ボトムスとデニム製品を中心に企画デザイン。モデルコラボ商品なども担当する。 現在は子育てに奮闘中。