黒でもない、白でもない。クローゼットに加えたい”グレー”のお手本コーデ

落ち着いた印象と柔らかい印象の両方を与えるグレーは、ワードローブに加えたい一色です。
色合いも深みのあるものから、より明るいものまで幅があるのでワントーンコーデもしやすいですよね!
今回はクローゼットに入ってると使い勝手のいい、グレーのアイテムを紹介します♪

らくちんサロペットでグレーを押さえて!

一枚でコーディネイトが決まるらくちんサロペットも、グレーだと合わせる小物を選びません。
春、夏、秋と季節を問わず使えるのも大事なポイントですよね!
これからの時期は流行りのスポサンに合わせて、らくちんカジュアルコーデにしても◎
スナップのように細ベルトをあわせるときちんと感がでるのでオススメです。

グレーのワントーンコーデはデザインが大事

グレーを使ったワントーンコーデ。
オールホワイトの着こなしに飽きてきたら、グレーのワントーンに挑戦するのもいいかもしれません。
気を付けたいのは、使うアイテムのデザイン性。
スナップのように同じトーンのグレーを使うなら、パッと目を引くようなデザインのアイテムを使ってメリハリをつけましょう♪

究極シンプルTもグレー

夏の人気アイテムであるTシャツは、定番だからこそディティールにこだわりたいもの。
とくにグレーはプレーンな印象で、白や黒よりも幅広い小物と組み合わせることができます。
タイトだったり、ビッグサイズだったり、自分にあったシルエットのシンプルTシャツは大変優秀!
クローゼットに一枚あると着こなしの幅が広がります♪
スナップのようにデザイン性のあるポップな小物使いをぜひ参考にしてくださいね!

ホワイト×ライトグレーでGood Girlな着こなしに

襟付きのドッキングワンピースは一枚でコーディネイトが決まるスグレモノ。
中でもホワイト×ライトグレーのカラーリングは明るく、さわやかな印象になります。
足元もトラッドに決めれば、合わせたバッグと合わせてGood Girlな着こなしに!
小物の黒とワンピースのライトグレー、抜けにもなるホワイトの組み合わせは鉄板なので覚えたいカラーリングです。
トラッド感をしっかりだしつつも、春夏らしいさわやかな着こなしになっていますね!

グレーと一口にいっても、ダークからライトまで様々なカラーがあります。
ダークグレーは落ち着いた大人っぽい印象に。引き締め色としても重くなりすぎず使いやすいです!
反対に、ライトグレーは明るくさわやかな印象。
白に飽きたら次はライトグレーを使ったコーデにチャレンジしてみるのがオススメですよ♪

ライター:はじめこ

The following two tabs change content below.

はじめこ

ファッション誌を見るのが趣味。メンズレディース問わずにいろんな雑誌に目を通しています。 気合を入れすぎない、ほどよい抜け感のスタイリングが好き。 バイトとしてアパレル店員をやった後、現在は学業に専念中。 それでもファッションに関わりたい一心でファッション系を中心にライター活動をしています!