脱マンネリ! こなれを押さえた”差し色”テクニックに注目

薄着になれば手を抜きがち。定番のあれとこれでいいかなと横着コーデではいけません。
女子たるもの365日自分のために、きっちりおしゃれを楽しみましょう。頑張らないでさりげなく、自分の自然なスタイルにちょっと今どきニュアンスを加えれば、ココロも身体もリフレッシュ。
今回は着こなしに変化を付ける”差し色”テクニックをご紹介します。

トレンドアイテムに差し色プラス、オールインワン着こなし術

この夏もトレンド継続中、オールインワン人気が衰えません。中でも注目のデザインはふわっと軽くゆったりめ。トップ部分にドレープがあったり、ウエストにブラウジングされていたり、パンツ部分がワイドだったりと、ここでもゆるふわがポイントです。濃い色目のモノをチョイスするときは、メリハリのつくビビッドなアイテムを差し込むと重くならずにまとまります。

ライトグレーがモードに見せる、雨の日仕様のマニッシュコーデ

ニュアンスグレーのコーディネートが洗練されたモード感を伝える雨の日スタイル。
今年のレインブーツはロングのタイプがトレンドです。スキニーデニムをブーツインして細くすっきり見せるのが今年流。
軽めのブルゾンを合わせれば、こなれ感が出てしっくりまとまります。決してマニッシュに振り切れない絶妙なバランスが重要です。

コンサバスタイルにアクセントをつける、肩掛けカーデが引き締めポイント

ベーシュックなアイテムの組み合わせを、”今っぽく着る”コーディネートのお手本です。
シャツとパンツの肌見せ加減が涼やかで、素足にローファーとベストマッチ。なにより肩掛けにしたグリーンのカーデがアクセントとして利いています。大きめのカゴバッグもナチュラル感をプラスして、やさしい雰囲気に馴染んでいて好印象。

パンプスの”白”が軽さを決める! 夏のネルシャツコーディネート

濃い色目の組み合わせでも、抜け感と軽さが伝わるのはシューズのホワイト効果のなせる技。パンプス、サンダル、スニーカーとシューズのタイプを選ばずに、コーデに重さを感じたら、足元にはホワイトを合わせましょう。見た目に明るさと軽さが加わり、スタイルがしっかりまとまります。カジュアルテイストのコーデだけでなく、エレガントにも応用可能な即効性のあるテクニックです。

The following two tabs change content below.

breath.

アパレル・ファッション業界にて国内外のデザイナーズブランドを中心にマーチャンダイジング、ヴィジュアルマーチャンダイジング、SHOPマネージャーの仕事に25年携わってきました。 2014年1月より独立して、販売代行業、ブランド店舗開発における企画立案、商品開発、店舗運営などファッションに関する仕事を全般的に手掛けています。