忙しい女子必見! 楽ちんで抜け感を演出してくれるリュックコーデ5選

最近街で見かける”リュック女子”。リュックとは言ってもカジュアルとは限らず、ガーリーなコーデのはずしアイテムとして活用されているのもよく目にします。
両手を空けることができるので、仕事や育児に忙しい私たちの強い味方でもあります♪

どんな色とも合わせやすいカーキ色のリュック

上下デニムのデニム・オン・デニムコーデ。濃淡をつけることでこなれた着こなしになっていますね。
注目はもちろんリュック! 大きなロゴプリントの入ったカーキのリュックは遊び心たっぷりです。
カーキは2015年のトレンドカラーでありながら、意外とどんな色とも合う万能色でもあります。
初めてのリュック選びに迷ったら、カーキかブラックがオススメですよ。

小さめのブラックリュックで上品なコーデに

ボーダーのシンプルワンピに、ウエストマーク代わりのシャツを巻いてスタイルアップ♪
合わせているのは小さめのブラックのリュック。片方の肩だけにかければ、いつものバッグと同じようにも使えるので便利です。
スポーティーになりがちなリュックも、小さめサイズなら上品な印象を与えてくれますよ。

アースカラーのリュックを選べばリラックス感満載に

やわらかなテクスチャのホワイトトップスにマキシ丈スカートを合わせた、リラックス系お手本スタイルです。
アースカラーのベージュのリュックを合わせれば、ナチュラルなイメージがより強まります。
スニーカーやリュックといったスポーティなアイテムを取り入れても、色味を抑えると上品に仕上がりますね。 

レッド×ブラックの攻めスタイルにリュックで抜け感をプラス

レッドとブラックを合わせた攻めのコーディネート。
色数を絞ることで、攻めつつもやりすぎ感のない絶妙なバランスを保っています。
合わせやすいブラックのリュックは、全体のコーデを邪魔せずに抜け感をプラスしています。

ガーリーなオフショルにレザー風リュックで抜け感をプラス

ホワイトのオフショルトップスとサロペットのガーリッシュな着こなし。
レザー風のリュックをチョイスすれば、レディライクな中にもカジュアルさを演出できますね。

形を選べばカジュアルにも、レディライクにも働いてくれるリュック。
まだお持ちでないのであれば、ブラックやカーキといった合わせやすい色から始めてみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.

みずしま

着付け師の母のもとで育ち、和装・洋装問わずコーディネートの面白さに目覚める。大学院を終えたのち、おカタイ職業に就いたものの、「おしゃれな格好が出来ないこと」が想像以上のストレスとなり退職。現在は学生時代から続けているライター業で生計を立てている。普段から和装をする機会も多く、そのこともあってかシンプルな形の中に小物や色味でメリハリをきかせたコーディネートが得意。趣味は観劇で、特に歌舞伎の鑑賞はライフワーク。観劇中もついつい衣装に目がいってしまうのはご愛嬌。