いよいよ来ました花火大会&夏祭り♪ 浴衣の失敗しない着こなし方を紹介します!

夏と言えば、花火大会&夏祭り。1年の中でも、お正月やひな祭り、こどもの日と並んで最も日本らしいイベントです。普段まったく着物と縁がなくとも、このときばかりは浴衣が着たくなるもの。
せっかく花火大会、夏祭りに行くのであれば、涼しげで艶やかな浴衣を着て出かけましょう。
今回は素敵な浴衣コーデ4選と浴衣の失敗しない着こなし方を合わせて紹介します!

涼やかな色使いとレトロ感のある浴衣の着こなし♪

浴衣着こなしポイント:浴衣をきれいに見せるには、ウエストのくびれは必要ありません。ウエストがキュッとしまっていると不格好に見えてNGです。特に細い方が浴衣を着るときは気を付けましょう。しわやたるみができないように、ヒップの上の胴回りに、タオルを巻いて補正すれば崩れにくくきれいに仕上がります。着物や浴衣は寸胴に見せるのがポイントです。

上品でいて艶やかな日本流フェミニン、浴衣の着こなし

 
浴衣着こなしポイント:基本中の基本ですが、襟の合わせの向きを正しくしましょう。和装の場合男女とも、「右手を胸に入れられる合わせ方」右前が正解です。逆の場合は左前と言って、亡くなった方に白装束を着せる時の合わせ方で、縁起が悪いとされています。きっちり合わせを右前にしてきれいな浴衣姿に仕上げましょう。

まるで花火のように気持ちを上げるピンクの浴衣♪

着こなしポイント:浴衣の丈に気を付けましょう。自分に合った丈の長さが重要です。裾を上げて着たり、ミニ丈の浴衣はもってのほか。みっともなくて見るに堪えられません。斬新な着こなしやファッションを否定する気はありませんが、普段使いの浴衣でミニ丈はNGです。きっちり丈の長さを合わせて、美しい着こなしで日本のエレガンスを演出しましょう。

淡い水色ときれいな朱赤のコントラストが素敵な浴衣の着こなし

 
着こなしポイント:浴衣は首周りや胴元で印象が決まります。胸元がはだけていても、だらしなく見えますし、衿をぎゅーと引っ張るのもよくありません。衿は開けすぎず開きすぎずの加減が大切です。花魁のように肩をはだけさすことのないよう、清楚な着こなしを心がけましょう。

The following two tabs change content below.

breath.

アパレル・ファッション業界にて国内外のデザイナーズブランドを中心にマーチャンダイジング、ヴィジュアルマーチャンダイジング、SHOPマネージャーの仕事に25年携わってきました。 2014年1月より独立して、販売代行業、ブランド店舗開発における企画立案、商品開発、店舗運営などファッションに関する仕事を全般的に手掛けています。