アラフォー世代のプチプラファッション。 / ファッションイラスト講師のワードローブ

専門学校でファッションイラストの講師を務めているkaribusaです。
最近、ファストファッションの記事を何度か書かせていただいた流れで、こちらのエッセーシリーズでもファストファッションについて触れていきたいと思います。

ユニクロやH&M、ZARAなどのファッションが世界的な人気となっている今、これらのブランドをオシャレに着こなす人が増えてきていますね。

GUのガウチョ

nad6j3qbc4rsathgd1mp[1]

ZARAのダメージデニム

uloab1mybvvfevy2kvlu[1]

ファストファッションブランドのボトムでも、着る人の体型に合っていると安っぽく感じさせません。
有名ブランドのボトムは価格がそれなりに高いので、流行ものにはなかなか手が出せませんが、ファストファッションのパンツなら気軽にチャレンジできますね。

大人の女性がボトムにプチプラアイテムを合わせる場合、品質の良い靴を合わせることがポイントになります。
全体のバランスが取れて、チープなファッションに感じさせません。

しまむらのギンガムチェックシャツ

dffvjyrhszne87k1nz5m[1]

ユニクロのシャツ&パンツ

sfs77gki0jae19g3l4ts[1]

ファストファッションのシャツにも注目です。
ユニクロなどの千円~2千円代のシャツは高級品とは決して言えませんが、ほかのブランドの5、6千円ほどのシャツと比べて遜色がないと感じることがよくあります。

40代以降の方がファストファッションブランドのアイテム、特にシャツやカットソーなどのトップスを買うときは、生地の厚みに注意が必要です。
プチプラ価格のトップスは、とても薄い生地が使われていることが多いためです。
薄い生地には涼しいというメリットもあり、必ずしも悪いというわけではありませんが、若くない世代の方が着ると老けてみえることもあります。
薄いトップスには、透けて見えないような下着を合わせたうえで、薄手のストールで首に視線を集めるなどの工夫をするのがおすすめです。

今まで似合わないと思っていた服でも、実際に身につけてみると意外としっくりきたりして、自分に似合うスタイルを新しく発見することもあります。
プチプライスなものは気軽に取り入れやすいと思いますので、ぜひいろんなアイテム挑戦してくださいね。

The following two tabs change content below.

karibusa

美大卒業後にデザイナーとして活動。その後、ファッション専門学校で教員として仕事をしていました。現在は子育てをしながら、アート系専門学校でファッションイラストの講師として活動しつつ、Webライターもしています。