ローゲージの意味(画像付き)|ファッション用語

dzos3gmu83a9dgysu6i1

編み物や織物の編地のサイズを表すゲージのなかでも、特に粗く大きなものをローゲージと呼びます。10センチ四方の中に含まれる編み目や段の数を数えて測ります。対義語としてはハイゲージが当たり、こちらは細かく小さな目です。

The following two tabs change content below.