「おしゃれは我慢」はもう古い? 秋冬ファッションで”セクシーさ”を演出する4つの秘訣♪

「おしゃれは我慢」とは言うものの、寒さが苦手な女性にとって秋冬の肌見せは堪えますよね。
風邪を引いてしまっては元も子もありません。
今回は過度な露出をしなくてもセクシーさを演出するためのコツをご紹介します。
我慢はせずに、思ったとおりのファッションを楽しみましょう♪

首、手首、足首の「3つの首」を覗かせればセクシーに

秋冬の肌見せの基本は「華奢な部分を覗かせること」です。
たとえば、「首」と名のつく首元、手首、足首は細さの際立つ部分です。この3つの首に限って覗かせることで、全身が華奢に見えるだけではなく、セクシーさも生まれます。

スナップのモデルさんは手首と足首を両方覗かせて、女性らしい細さを強調していますよね。
露出しつつも品を保っているのは、しっかり引き算してデコルテは隠し、またブラック×くすみオレンジというシックでレディライクなカラーコディネートをしているからです。

総レースのトップスをセレクトして肌をチラ見せ♪

ブラック×レッドの秋らしくて大人っぽいコーデ。

手首や首の露出は少ないですが、総レースのトップスがポイントとなっています。レースからチラ見えする肌がセクシーな雰囲気を演出してくれます。
このようなレースのアイテムを取り入れたときは、ミニ丈のボトムスはNG。しっかりと引き算をして、あまり攻めすぎないようにしましょう。

プチプラのレーストップス一覧♡

リブのニットでボディラインがさり気なくセクシー♪

「首」と名のつく部分を覗かせなくとも、セクシーさをプラスしてくれるのがリブのニットです。

ボディラインに沿ったデザインのセーターを着ると、それだけバストの丸みや大きさを感じさせるので、セクシーさが際立ちます。

あえてのタイトスカートでボディラインを魅せる

さりげなくセクシーさを演出する上でおすすめしたいのが、タイトスカートです。
ふわりとふれるフレアースカートもいいですが、「ボディラインを強調する」という点ではタイトスカートがうまく働いてくれます。
モデルさんのように落ち着いたカーキやモノトーンでまとめると、クールさも兼ね揃えてくれますね♪

 

いかがでしたか。

今回ご紹介した4つの秘訣を押さえれば、秋らしいセクシーさが叶うはず。
やり過ぎると品がなくなってしまうので、引き算することもお忘れなく♪

ライター:みずしま 

The following two tabs change content below.

みずしま

着付け師の母のもとで育ち、和装・洋装問わずコーディネートの面白さに目覚める。大学院を終えたのち、おカタイ職業に就いたものの、「おしゃれな格好が出来ないこと」が想像以上のストレスとなり退職。現在は学生時代から続けているライター業で生計を立てている。普段から和装をする機会も多く、そのこともあってかシンプルな形の中に小物や色味でメリハリをきかせたコーディネートが得意。趣味は観劇で、特に歌舞伎の鑑賞はライフワーク。観劇中もついつい衣装に目がいってしまうのはご愛嬌。