髪も肌もきれいに映える赤の魅力♡ 女性に欠かせない4つの “カラーの法則”

「赤」という色を嫌いな方は少ないと思いますが、コーデには取り入れられずにいる方が多いのではないでしょうか。
街中で見かける、レッドを上手に取り入れたコーデはよく映えて人目も引きます。そんな姿に憧れている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回はそんな赤を上手に取り入れる上での4つのルールをご紹介します♪

赤いスカートに挑戦するなら、合わせるアイテムでコントラストを調整!

CBK3

スナップの赤いスカートは、丈もしっかりあるものなので一段と目を引きますね。モデルさんは他のアイテムのカラーや丈感で調整することで、うまく取り入れています♪
鮮やかな赤は、ピンクベージュや白などの落ちいついた色味と合わせて、コントラストを控えめにすることで、柔らかい雰囲気になります。
またアウターの丈をスカートと合わせることで、赤の部分の露出を加減しています。
主張の強い赤ですが、組み合わせ次第で印象もガラリと変わりますよ♡

サイズを考えれば、赤だってヘビロテできちゃう♡


「思い切って赤いアイテムを買ってみたものの、結局全然使ってない……」なんて失敗をしたことのある方におすすめしたいのが、スナップのような赤いバッグです。
ポイントは華奢なサイズのものを選ぶこと。このサイズであればコーデになじみやすく、かつしっかりとアクセントになってくれます。
モデルさんのようにデニムと合わせても良いですし、きれいめなコーデにもぴったり。
いろいろなパターンで使えてしまいます♡

赤トップスは、シルエット重視! オトナ女子は首元でキマる♡

秋が深まるこの季節、赤いトップスを素敵に着こなせたら良いですよね。
無地の赤を選ぶ際に注意してほしいのがシルエットです。モデルさんは、首元のつまった女性らしい雰囲気のシルエットをチョイスなさっています。この首元が詰まったタイプなら、モデルさんのようにシンプルなコーディネートでも、品を残しつつもどこか女性らしい雰囲気を出せてしまうものです♡

深みのある赤で肌を明るい印象に♡

スナップのようなバーガンディ、ワインレッドといった深い色味の赤であれば、一般的な赤と比べると肌馴染みもよく、誰でも挑戦しやすいカラーになります。
また女性の肌をより魅力的にしてくれるという嬉しいメリットも。赤みのあるふっくらとした唇や、ほんのりチークをのせたハリのある頬と手を取り合い、女性をより輝かせてくれますよ。
メイクやマニキュアもこの色に合わせるようにすると、全体の印象もグンと上がってくるでしょう♡

ライター:yukicoco