ファッショニスタ “りんさん” に学ぶ「ダウンベスト」のおしゃれな着回し5Days

寒暖の差が大きい今の時期に便利な「ダウンベスト」、みなさんはお持ちですか? 保温性に優れ、袖がついていない分動きやすく、コンパクトなので持ち歩きにも便利となかなかの優秀アイテムなのです。
まだ持っていない方も、持っているけどあまり着こなせていないという方も必見!
ファッショニスタ “りんさん” に学ぶ、おしゃれな着こなしをご紹介します。
今買って長く愛用できるアイテムなので、たくさんの着回しを勉強しちゃいましょう♪

《1st Day》 ダウンベストにヒール+デニムを合わせて大人カジュアルコーデ

ボーイッシュを感じさせるダウンベストは、ヒールのパンプスを合わせるのが大人カジュアルの掟。
デニムをロールアップし見える細い足首が、女性らしさを感じさせセクシーな雰囲気も漂いますよね。
りんさんのフリンジバッグのようにトレンドアイテムを1点投入するだけで、旬な着こなしに仕上がります♪

《2nd Day》ダウン×ファークラッチで秋冬らしい着こなしに

ダウン×ファークラッチという秋冬代表アイテムは柔らかくあたたかな印象を与えてくれますよね。
トップスのニットとスウェットだけだとカジュアル過ぎてしまいますが、ブラックのダウンベストが入ることで引き締めになり、コーディネートのグレードアップにもなります。
全体のカラーをモノトーンで揃えて統一感をだすのもまねしたいテクニックですね♪

《3rd Day》女性らしいタイトスカートにも相性がいいダウンベスト

レースのタイトスカートにヒールパンプスを合わせる女性らしいコーディネートですが、そこでバランスよくカジュアルダウンしてくれるのがダウンベストです。
ちょっぴりスポーティーさを感じさせるのも今年らしいですよね。 ダウンベストにボリュームがあるので、インナーはタイトorコンパクトなものを合わせることで野暮ったくなりません。

《4th Day》やっぱり相性抜群なのはボーイッシュスタイル

スニーカーやリュック、ニット帽といったボーイッシュアイテムにはダウンベストはやはりぴったりな組み合わせですよね♪ 行楽シーズンの秋におすすめのコーディネートです。
ここでも “りんさん” の得意なモノトーンコーデが大人のボーイッシュスタイルのお手本になります。 色数が少なくても寂しくならないのは、小物も上手に使われているからですね。

《5th Day》トレンドのガウチョはダウンベストと合わせるのが新鮮

今年大人気のガウチョパンツですが、まだまだたくさんの着こなしが楽しめます。 この秋におすすめしたいのがダウンベスト合わせです! 着丈の長いガウチョにはコンパクトなダウンベストがバランスがよく、洗練された白シャツとヒールを合わせればアーバンスタイルの完成です。
小さめのハンドクラッチバッグを持って “こなれ感” を出すのもポイントです。 今までになかったコーディネートなので新鮮ですよね♪

The following two tabs change content below.

CHISATO

ショップ販売員として6年、レディスアパレルのデザイナー・営業職として4年の合計10年間ファッション業界に携わる。接客、企画、他企業へのブランド・製品PRなど、様々な経験を積んできました。 現在はライターとして活動。