秋冬マストな”トラッドコーデ”、大人はこう着ます♡

秋冬になると試したくなる「トラッドコーデ」は、永遠の定番スタイルです。
チェック柄のスカートに、ダッフルコート、Vネックのニット。いつだってトラッドアイテムは、私たちのアイコン!
でも、いつまでも「チェックのミニ丈スカートにニット」なコーデでは子どもっぽいし、今っぽさもゼロです。
今回は、人気読モの着こなしから、子どもっぽく見えないスタイリング術をレクチャー♪
2015秋冬、大人は”トラッド”スタイルをこう着こなします!

ダッフルコートだって、ロング丈で大人っぽさをプラス

トラッドコーデに欠かせない「ダッフルコート」は、ネイビーならよりテイストムードが高まります。
制服っぽく見えないように、シルエットは最新のものをチェックして!
今季らしい、ロング丈なら、トレッド&大人っぽく着こなせます。
ホワイトのパンツで軽快さをプラスして、重見えゼロなトラッドスタイルの完成です。

チェック柄パンツはワントーンでスタイリッシュに着こなす

トラッド感たっぷりな「チェック柄」のクロップドパンツは、秋冬の定番アイテムです。
ほっこりムードを払拭する”ワントーンコーデ”なら、スタイリッシュに着こなせます!
グレーのコーディガンは、寒くなればチェスターコートやガウン風コートにチェンジしても◎

チェックのスカート。大人なら「タイト」で決めて!

チェック柄のミニ丈スカートは、どうしても子どもっぽくなりがち。大人なら、「タイト」デザインがオススメです。
パーカー×ダウンベストのカジュアルアイテムで、ラフに着崩したら、足取り軽やかなスニーカーで肩の力を抜いた着こなしを実現!

ベスト×シャツの真面目コンビも、アイスグレーで洗練ムードたっぷりに

白よりちょっとくすんだトーンが寒空に馴染む「アイスグレー」は、秋冬の洗練コーデにぴったり。
白シャツ×ベストの真面目顔コンビも、アイスグレーを取り入れれば、ほどよい抜け感を作れます。
ボトムもベストとトーンを揃えれば、まるでセットアップのような印象に。
ベストで作るトラッドコーデは、洗練配色で大人っぽく仕上げて♪

The following two tabs change content below.

AYA

祖母は和裁士、母は洋裁士という手芸大好き一家で育つ。 小さい頃からファッション雑誌が大好きで、現在でも数多のファッション誌を読み漁る毎日。 アパレル店員を経て、結婚・出産。 現在は、二児の子育てに奮闘しながら、Webライターとして活動中!