春まで着られる“トレンチコート”は着やせ効果抜群の万能アイテム! #CBK人気ファッショニスタのハセガワチエさんに学ぶ着まわしコーデ術4選♪

例年より暖かい日が多い今年の冬。「思い返してみると厚手のコートを着始めたのはつい最近のこと」という方もいるのではないでしょうか?
そんな暖冬の今年は、冬アイテムをたくさん買い足すよりも春までずっと使えるアイテムを今からかしこく着まわすのが◎
そこでおすすめしたいファッションアイテムが“トレンチコート”なんです!
春のアイテムと思われがちなトレンチコートですが、ライナー付きで防寒対策されているものもあり、オシャレに重ね着を楽しむのも◎ 逆に、冬の定番アイテムのニットは、厚手のコートに重ねると着太りして見えたり動きにくかったりしますよね。そんなお悩みもトレンチコートなら一気に解決できちゃうんです! すっきりとスタイリッシュな着やせコーデがつくれますよ。厚手のニットやパーカーだけでなく、Gジャンやインナーダウンを重ね着するトレンドの着こなしもおすすめ!
今回は、CUBKIの人気ファッションニスタのひとりハセガワチエさんに学ぶ“さまざまなテイストにトレンチコートを着まわすコーデ術”を4つご紹介します。

レザーパンツでエッジを効かせて◎ クールなニットワンピーススタイル♪

カーキのニットワンピースにブラックのレザースキニーを合わせた、クールスタイル。
ワンピースにパンツを合わせるコーディネートは一歩間違えると野暮ったくなりがちですが、レザーパンツをチョイスすればエッジの効いた都会的なスタイルになって◎
ベージュのトレンチコートで、さらにスタイリッシュで洗練された印象に仕上がっています。
シンプルなブラウンのクラッチバッグもベストマッチ!
足元はパンツと同じブラックで足長効果を演出♪ カジュアルなスリッポンではずして足首をチラ見せした、絶妙な“抜け感”がオシャレ度をさらにアップさせてくれますよ!
ガーリーにもコーディネートできるニットワンピースをあえてクールに着こなすテクニックは、ぜひ参考にしたいです。

フレアパンツでちょっぴりレトロに◎ スタイルアップ効果抜群のクラシックスタイル♪

ダークグリーンのニットにフレアパンツを合わせた、レトロスタイル。
フレアパンツの中でも特に足長効果抜群なのがこのベルボトム。 スタイリッシュなトレンチコートとコーディネートすれば、着やせ効果もプラスできちゃいます!
ヒッピーファッションが流行した70年代にトレンドとなったベルボトムも、トレンチコートを合わせると洗練させた印象に格上げできますね。
防寒対策にインナーダウンやファーベストを中に重ねても◎
ブラックのフェルトハットもクラシカルなコーディネートと好バランスです。
ハイヒールのブーティを合わせれば足長効果はさらに倍増!
スキニーやガウチョではなくあえてレトロなベルボトムをコーディネートに取り入れて、周りに差をつけるワンランク上のオシャレさんになっちゃいましょう♪

レースのタイトスカートでレディに◎ スタイリッシュなコンサバスタイル♪

グレーのリブニットにレースのタイトスカートを合わせた、コンサバスタイル。
ハイネックのニットが暖かさをアップしてくれて、トレンチコートとも好相性♡
ニットはあえてウエストINして上半身をコンパクトにまとめると、スタイルアップ効果も抜群です!
レースのタイトスカートが女性らしく、ニットとの異素材の組み合わせでオシャレ度もアップ! レディになりすぎないモノトーンスタイルも好バランスです。
ヌーディなベージュのパンプスが美脚効果も演出してくれますよ。「寒い季節に足見せはつらい」という方は、ブラックのストッキングにブラックのパンプスを合わせても◎
レディライクなコンサバスタイルをメンズライクなトレンチコートでスタイリッシュに引きしめた、ぜひお手本にしたいコーディネートです。

パーカーをレイヤードして防寒&カジュアルダウン◎ ちょっぴりプレッピーなボーイライクスタイル♪

白シャツにグレーのパーカーを羽織ってブラックのスキニージーンズを合わせた、カジュアルスタイル。
パーカーをレイヤードすることで、トレンチコートが一気にカジュアルダウン。きれいめな着こなししかつくれないと思われがちなトレンチコートのイメージを、簡単に変えることができちゃうんです! 寒い今の季節にもぴったりのテクニックですね。
とことんカジュアルにスニーカーやリュックサックを合わせるスタイルもおすすめですが、ハセガワチエさんのようにプレッピーをプラスして大人っぽく仕上げるのも◎
白シャツやブラックのオックスフォードが雰囲気を盛り上げて、きちんと感をプラスしていますね。
赤のニット帽で“抜け感”を演出しているのも好バランス!
インナーをモノトーンでまとめてカジュアルなトレンチコートスタイルを大人っぽく仕上げた、今すぐマネしたくなるオシャレテクが満載のコーディネートです。

The following two tabs change content below.

AKINA

服飾大学でファッションの基礎と表現方法について学ぶ。 卒業後、アパレルメーカーでデナイナー職に就き、ボトムスとデニム製品を中心に企画デザイン。モデルコラボ商品なども担当する。 現在は子育てに奮闘中。