コレクションランウェイでキャッチ! 秋冬のショルダーバッグは “ハンズフリー” がキーワード♡

2016−17秋冬のランウェイで注目された “ハンズフリー” 。
よりアクティブに力強く生きる女性をテーマにしたブランドが多く、ライダースやワークブーツ、バイクブーツなどハードなスタイリングが多いなか、多かったのがショルダーバッグなどを斜めがけするハンズフリーのコーディネートです。
今回は注目のハンズフリーにフォーカスします!

そもそも “ハンズフリー” って?

アクティブな女性像をイメージに置くためか、バッグも今年は斜めがけがトレンドのようです。
ハンズフリーは両手を開けておけるという意味ですし、斜めにバッグをかけるため、ボディクロスとも言われます。
斜めがけはちょっと野暮ったいイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。
今年らしいハンズフリーのコツと一緒にご紹介します!

バッグは “ミニマルサイズ” が今年っぽい♡

スナップのようなちびバッグをコロンと持つスタイリングが春から引き続きトレンドです。
バッグがコンパクトになったため、実は小さなお財布も売れています。
コンパクトなお財布は冠婚葬祭でも使えるアイテムなので持っていても損はないはず。
荷物が少ない人はスタイリッシュにも見えるのでこの機会にバッグのサイズを小さくしてみてはいかがでしょうか♡

大きめバッグも “短め” 持ちでトレンドに♡

とはいえ、荷物をコンパクトにするにも限界がありますし、いつでも小さなバッグで出掛けられる方はかなり少ないと思います。
中型の斜めがけできるバッグをお持ちであれば、まずはショルダーを短めにしてみましょう!
ついつい腰丈で持ち歩きたくなってしまいますが、トレンドは “ミニマル” 。
スナップのように腰より少し高めの位置でキュッとコンパクトに持ち歩きましょう♪

一発で旬顔になれる持ち方は “フロント持ち” ♡

スナップなどでよく見るバッグをフロントで持ったスタイル。
歩くのに邪魔だからとついつい後ろに流しがちですが、それでは野暮ったくなってしまいます。
今年は小さめバッグを短めに持つことがトレンドなので、この二つを揃えると実はバッグを前でもっても歩く邪魔になりづらくなります。
スナップのように大きめのバッグでアレばせめて後ろに回さず、サイドで持つようにするのが◎
 

バッグの持ち方次第でオシャレなバッグもオシャレ度が変わってきます。
お気に入りのバッグはせっかくならオシャレに見せたいですよね!
コレクションのコンセプトにもあったように、アクティブな女性像をイメージさせるショルダーバッグはお出かけシーンでも欠かせないアイテム。
便利なショルダーバッグをこの機会にぜひトレンドを先取りしてオシャレ持ちしちゃいましょう!

 

The following two tabs change content below.

madoka HighBridge

19歳から24歳まで、ショップ販売員勤務。現在は専門学校にてファッションビジネスを非常勤講師として活動しています。