元エステティシャンがお伝え! ニキビ予防で美肌を目指す♡

気が付けばできてしまうニキビ。治ってはできて、できては治ってを繰り返して、年中ニキビにお悩みの方も少なくないのではないでしょうか。
せっかくおしゃれをしても、ニキビでお肌が荒れてしまっていては気分も落ち込んでしまいますよね。ニキビで大切なのは、できてしまったニキビを治す以上に、予防することが大切なのです。
ニキビができにくい生活を心がけて、ちゅるんとした美肌を目指していきましょう。

洗顔のときに注意すること

27d74954f00276f4eb6032dc6f68ac37_s

洗顔をするときは、洗顔フォームのすすぎ残しを防ぐため、ヘアバンドやターバンをしてきちんとすすぎましょう。

髪が短くても、少しでも顔に髪の毛がかかる場合はきちんと髪をまとめることが重要です。

また、お風呂で洗顔をするという方は、洗う順番を変えてみましょう。
通常は、
クレンジング→洗顔→髪を洗う→体を洗う
という順番の方が多いと思いますが、ニキビにお悩みの方は、
クレンジング→髪を洗う→体を洗う→洗顔
の順番で、洗顔を最後にしましょう。

そうすることで、顔に残ったシャンプーの油分などをきれいに洗い流すことができます。

ニキビ予防のためにできること

bd589e98f7fa2338d400779d8c851d74_s

普段の何気ない生活習慣がニキビの原因になっていることもあります。

ニキビができにくいお肌にしていくために、気をつけるべきことは……
1.バランスの良い食事を心がける
当然ですが、つい忘れがちになってしまうこと。人間の体は食べたものからできています。栄養バランスのとれた食事を心がけることも大切です。

美肌に保つために必要な『ビタミンC』『ビタミンB2』『ビタミンB6』の入った食材は積極的に食べるようにしましょう。(※フルーツ、納豆、レバー、牛乳、豚肉、牛肉、魚介類などに含まれます)

また、脂性肌の方は、ニキビがひどいときには、揚げ物など油っぽいものは控えるようにしましょう。


2.十分な睡眠
『美しさ』が作られるのは睡眠時間です。連日寝不足なんてもってのほか!

お風呂に入って、体をあたためたら、丁寧にスキンケアをして、たっぷり睡眠をとりましょう。睡眠をしっかりとるだけでもお肌は変わっていきますよ。

布団に入ってからダラダラとスマホを見ると、脳が目覚めてしまって寝付きが悪くなります。寝る1時間~2時間はできる限りだらだらスマホは控えるようにしましょう。

パジャマをゆったりしたものに変えたり、素材にこだわるのもおすすめです。
3.寝具(シーツや枕)は清潔なものを使う
自覚のない方も多いと思いますが、寝ている間にも汗はかきます。
その汗や皮脂は、枕やシーツにべったり……。寝具は、最低でも週に1回は変えるようにして、常に清潔な状態を保ちましょう。

できれば枕は毎日変えるのが理想的ですが、難しい場合は枕をタオルを巻いて1日毎に変えてみましょう。


4.メイクのときのスポンジやブラシは使いっぱなしにしない
「そういえば買ったときからずっと使い続けているかも……。」なんて方もいるかもしれませんが、
メイクのときに使うスポンジやブラシは、汚れてきたら変えるようにしましょう。

ニキビがあるときに使った道具をそのまま使うと、せっかく治っても、またニキビができてしまう原因になります。

市販で、メイクスポンジやブラシ用の洗剤が売られているので、定期的に洗うようにしてみてくださいね。


治らないニキビにお悩みの方は、少し生活を変えるだけで改善するかもしれませんよ。ぜひお試しして、美肌を目指していきましょう♪
 

The following two tabs change content below.

mami

ヘアメイク、美容部員、エステティシャン、アパレル勤務を経て、現在はフリーライターとして活動中。美容やファッションなど女性向けの記事を執筆しています。 素敵だと思うのは、『年齢相応の美しさ、可愛さを大切にする女性』。