ショートヘアの方に似合うコーディネートとは?

ショートヘアの方には、どのようなコーディネートが似合うのでしょうか。
ショートヘアにも様々なヘアスタイルがありますが、髪が短いということは”トップが軽い”ということ。コーディネートの観点で見ると、トップは軽い方が断然バランスを取りやすいといえます。
一方でショートにはボーイッシュなイメージがあるため、洋服を合わせるのが難しいと感じることも。
今回は、ショートヘアの方に似合うおすすめのアイテムをご紹介します。

ショートヘアの方におすすめのアイテム:マキシ丈のワンピースやスカート

マキシ丈のアイテムは丈が長いために、どうしてもバランスが重たくなりがちに。
髪が長い方がマキシ丈のアイテムを着ると、コーディネート全体がかなり重苦しくなってしまいますが、ショートヘアの方が着ると、トップが軽いためにバランスを取りやすくなります。

 

秋冬は、アウターでコーデが重たくなりがちな季節。でも、ショートヘアならスッキリとした印象になりますね◎
大人っぽいフェミニンコーデが、より洗練されて見えます。

ショートヘアの方におすすめのアイテム:ワイドパンツ

シルエットの重いボトムといえばワイドパンツも同様ですが、こちらもショートヘアの方におすすめです。パンツ幅が広くボリュームのあるワイドパンツは着こなしが難しいアイテムのひとつですが、ショートヘアの方が着ると重さを感じさせません。

 

ショートヘアの方にはマニッシュな雰囲気もあって、パンツがよく似合います。スナップのようなシャツ+パンツのコーディネートにするときは、パンプスやサンダルなどの女性らしい靴が似合うと思います。ショートヘアの方が全身メンズアイテムっぽくしてしまうと、女性らしさがなくなってしまい、もったいないと感じます。どこかにフェミニンなテイストがあると、大人の女性らしいしなやかな着こなしになります。

ショートヘアの方におすすめのアイテム:甘いテイストのワンピース

フェミニンな雰囲気のワンピースも、ショートヘアの方によく似合うと思います。
かわいいニュアンスのワンピースとヒールのある靴の組み合わせは、髪の長い方が着るとつい甘くなりすぎてしまいますが、ショートヘアの方にはちょうどいい甘さがあります。

ショートヘアなのに服装は甘め♡ このギャップは、男性のみならず女性でさえきゅん♡ としちゃいますよね。
ショートヘアなら、ぜひ甘めワンピに挑戦してみてくださいね♪

ショートヘアの方におすすめのアイテム:マニッシュなGジャン+フェミニンなワンピースの甘辛テイスト

シンプルな黒のワンピースに、Gジャンとブーツというマニッシュなアイテムを合わせた”甘辛コーディネート”は、スタイリッシュがよく似合うショートヘアの方におすすめの着こなしです。
ブーツが暑い季節の場合は、グラディエータータイプのサンダルを合わせると、同じテイストのコーディネートになります。

マキシ丈のワンピースも、ショートヘアならスッキリとした着こなしに。ヒールで女性らしくするのも良いですが、エナメルローファーでマニッシュなコーデに挑戦してみるのも魅力的です♪

ショートヘアの方におすすめのアイテム:甘いイメージのあるピンクは短い髪でスタイリッシュに

ピンクを使ったコーデは大人可愛くて季節問わず注目されているファッション♡ ショートヘアなら、甘さが緩和してよりスタイリッシュに見えます。
ショートヘアだと、甘めなガーリー&フェミニン系コーデが洗練されたイメージになるので、おしゃれに見せたいなら断然おすすめです!

全身ピンク系でまとめても、ショートヘアなら程よい甘さで着こなせます。Vネックやモノトーンの花柄など、ハンサムな要素を足すとヘアスタイルの引き立つ甘辛MIXコーデに仕上がりますよ♪

ショートヘアの方におすすめのアイテム:カジュアルなサロペットとの相性抜群♡

カジュアルなアイテムの代表であるサロペット。ショートヘアなら相性抜群です。短い髪ならスッキリとしているので、大人っぽくキマります。
インディゴ系の濃いめデニムか、ブラック系を選ぶと子供っぽくならずに着られますよ♪

ショートヘアの方は、コーディネートのどこかにフェミニンなテイストのアイテムを組み合わせるとよく似合います。すごくかわいいアイテムが似合うのも、ショートヘアならでは。髪の毛の長さで似合うコーディネートのバランスが変わってくると思うので、いろいろチャレンジしてみてくださいね!

2017年3月18日 mamiko 更新
2017年7月15日 watabe 更新


「ヘアスタイル」の人気記事>>
The following two tabs change content below.

karibusa

美大卒業後にデザイナーとして活動。その後、ファッション専門学校で教員として仕事をしていました。現在は子育てをしながら、アート系専門学校でファッションイラストの講師として活動しつつ、Webライターもしています。