アラサー・アラフォー必見! 高橋佐知さんに学ぶ、大人世代の「スタジャン」攻略法

最終更新日: 2016/12/13 by #CBK編集部
今年はブルゾンが当たり年。スタジアムジャンパーこと「スタジャン」も注目アイテムのひとつです。とはいえ、そのスポーティーすぎるイメージからか、大人世代には敬遠されがち…。
上品きれいめコーデがお得意のファッショニスタ、高橋佐知さんはスタジャンをどのように着こなしているのでしょうか?
今回は、大人世代にもピッタリな、高橋佐知さんの上品スタジャンコーデをご紹介いたします。

きれい色のフレアスカートと品良くコーデ

ボーイズライクなスタジャンですが、フェミニンなフレアスカートと合わせれば上品に仕上がります。

カラーは淡いブルーをチョイスして、甘くなりすぎない大人のMIXコーデに。
デニール数低めの黒タイツも、足元が程よく透けて女性らしく見えるポイントです。

ロング丈のスタジャンで「×デニム」もすっきり大人っぽく

大人にはハードルの高い「スタジャン×デニム」のカジュアルな組み合わせも、シルエットに変化をつければ余裕でクリア。

ロング丈のスタジャンなら、すっきり縦長シルエットできれいめに仕上がります。
小花柄でも甘すぎない表情のモノトーンクラッチが、大人っぽさとキュートさのいいとこ取りなアクセントに。

ダークトーンコーデにスタジャンの白ラインを効かせて

「ブラック×ダークグレー」の重くなりがちな色合わせを、スタジャンの「白ライン」を活用してメリハリのある着こなしに仕上げたコーデ。

さらに、小物にレッドを効かせることで、女性らしさを際立たせています。
シンプルな着こなしですが、スタジャンというトレンドアイテムが一点あるだけで、脱・無難コーデに早変わりしますね。

スポーティーコーデはモノトーンで落ち着いた雰囲気をプラス

「スタジャン×ミニスカート」のスポーティーコーデには、大人っぽさも取り入れたいところ。高橋さんのように全身をモノトーンで統一すれば、落ち着きが出てきれいめに仕上がります。

秋冬のモノトーンコーデは、黒の分量を多めにすれば寒々しく見えないので覚えておきましょう。

The following two tabs change content below.
AMO

AMO

ショップ販売員の経験を活かして、ファッション関係のライティングを中心に活動中。新米主婦でもあります。 最近は和服に目覚めて、着付け教室に通うのが楽しみのひとつ。 “好き”と“トレンド”の両方が叶う、着る人がハッピーになれるコーディネートの提案を目指しています♪