1月から3月の九州旅行の服装は? おしゃれな楽ちんコーデで観光&グルメ&温泉を思いきり楽しもう♪

最終更新日: 2017/02/24 by watabe

1月から3月の寒い時期の九州旅行、どんな服装が良いのか迷ったことはありませんか? 「九州=南」で暖かい、とイメージするかと思いますが、関東や関西などと変わらず意外と寒いのです。特に日本海側に位置する福岡県は、冬には大雪が降ることも。温泉やおいしいものがたくさんある九州には、暖かくしておでかけくださいね。早速、おすすめコーデをご紹介していきましょう!

おしゃれな街並みにマッチするモダンカジュアル

九州、そしてアジアの玄関口、福岡はショッピングを楽しめるスポットがたくさん! 大幅リニューアルをした博多駅周辺や海外観光客が多いキャナルシティを始め、繁華街である天神などコンパクトな街中におしゃれで個性的なショップが並びます。こちらのコーデのように、ビッグサイズMA-1にメンズライクなセンタープレスパンツ、レースアップシューズを合わせたモダンカジュアルは街歩きにぴったり! たくさん歩いても疲れにくいペタンコ靴が最適です。

街歩きの必須アイテム「ミニショルダーバッグ」

街歩きにぴったりと言えば、ショルダーバッグ。旅行では貴重品以外をホテルやロッカーなどに預けて過ごすことも多いですよね。そんなときに、貴重品と携帯、ペットボトルのドリンクなどが入る程度の小さなショルダーバッグは必須アイテムです。活気がありながらも落ち着いた街並みが多い九州には、シックで上品なカジュアルスタイルがお似合い。モデルさんのように、タートルニットとウールコートをグレーで揃え、その他はモノトーンでまとめたスタイリッシュなカジュアルコーデがおすすめです。

温泉地に行くなら身軽なコーデ&ビッグトートを持っていこう!

別府や湯布院、黒川、霧島、指宿など、九州は日本有数の温泉地が多くあります。温泉を楽しむなら、着脱しやすい服装とビッグバッグ持参がおすすめ。インナーやパンツがプチプラでも、モデルさん着用のザ・ノースフェイス パープルレーベルなど上質なモッズコートを羽織れば、一気にコーデが格上げ! 旅行のプレミアム感がアップしますね。コットン製のトートバッグは、お風呂グッズなどをさっと出し入れしやすく、湿気もこもりにくいので持っていくと重宝すること間違いなしです。

薄手のコートが大活躍♪

寒いとは言っても、やはり冬でも春先のように気持ちの良い晴れの日も多い九州。そのため、厚手のダウンなどが必要なことはまれ。特にグルメ旅行などで屋内に入ることが多い場合は、邪魔になるほどです。そこで重宝するのがモデルさん着用のトレンチコートや中綿少なめの薄手コート。さっとたたんでバッグにしまっても皺になりにくい素材ならなお良しです。寒さ対策はショールやマフラーなどの小物で調節するのがおすすめですよ!

The following two tabs change content below.
naomi

naomi

37歳1児のママ、naomiです。アパレルメーカーに約6年間勤務し、コーディネーターとして販売促進業務に携わっていました。ファッションに関する知識の中でも、ディスプレイ術、カラーコーディネート術を得意としています。 現在は、ファッション・インテリア記事を中心にライターとして活動中。これまでの数々の経験から「ファッションは心までも変えてくれる魔法を持っている」と感じます。日々のファッションを楽しむ方はもちろん、「自分を変えたい」「こんな自分になりたい」と変化のきっかけを探している方にも役立つ記事を目指しています。 記事を通して、皆様にもファッションの魔法をお届けできれば嬉しいです。 naomi公式サイト:http://naomi-spring.com/