オトナ的「スカーフ」の取り入れ方。アクセサリー感覚でさりげなくコーディネートを彩ろう!

最終更新日: 2017/04/28 by watabe

スカーフをお持ちの方、どう活用していますか? ヘアに巻きつけるスタイルがトレンドになった時もありましたが「結構大きいし目立つなぁ」と敬遠していた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

特に大人女子の皆さんにこそ、さりげなくコーディネートにプラスして品よく仕上げて欲しいスカーフ♪ そこで今回は、オトナ的スカーフの取り入れ方をご紹介します。アクセサリー感覚でスカーフを取り入れるのがおすすめですよ!

初級編! いつものバッグをぐっと新鮮に仕上げるにはスカーフをつけるだけ

一番簡単なスカーフの取り入れ方は、バッグの手持ち部分に巻くことです。いつものバッグもぱっと明るくなります。毎日のバッグという手軽さもポイントです♪ 手持ち部分にぐるぐると巻きつける方法もありますが、大人女子はゆるっと結んでゆらゆらなびくスカーフを楽しんで♡

まるでバングルのようなスカーフ巻きは、こなれて見えて上級者スタイルに

おしゃれな人が秘かにやっているスカーフの手首巻き。バングルのように手首にぐるぐると巻きつけるだけで、コーディネートをおしゃれに格上げできます。時計やアクセサリーと一緒に重ねづけするのも可愛く仕上がるのでおすすめ♪

ベルトループに縛りつけて、いつものスタイルをおしゃれに底上げ

ベーシックなスタイルには、腰の位置にスカーフを垂らして揺れるアクセントを♪ スナップのように軽く結ぶのはもちろん、あえてベルトループに通してだらっと長く垂らすのもおすすめです。無地の洋服こそスカーフが映えて、カジュアルでも品よく仕上がります。

モノトーンスタイルにはベルト代わりのスカーフがおしゃれのポイントに

モノトーンスタイルならスカーフの色味が加わってワンポイントに。長めのスカーフをベルトのようにウエストにぐるっと巻くだけです。結び目はスナップのようにサイドに寄せるとこなれて見えます♡ シンプル服こそとっておきのスカーフで味付けを。

ワンピースには、ウエストマークとして巻くとメリハリのついた女っぽさが作れる

ワンピースは1枚でストンと着るのも可愛いですが、ウエストマークにスカーフを巻くだけでメリハリのあるスタイルに。ウエストが締まってスタイルアップ効果も狙えます。さらに女性らしいエレガントさも叶う、嬉しい着こなしです♡ 1枚で着るのに飽きたらぜひ試してみてください。

The following two tabs change content below.
mayu

mayu

アパレルブランドの販売員、ファッション誌のライターアシスタントを経験。ファッションやコスメが大好き。映画も人生に欠かせません♡