今シーズン絶対手に入れたい! デニム3大トレンドを解説

最終更新日: 2017/04/29 by #CBK編集部

ストリートテイストなムードが高まる2017年、絶対手に入れておきたいのはデニムアイテムです。
定番のデニムを今年らしく着るには、こなれた印象のヴィンテージテイストがおすすめ。

旬のデザインポイントや、今年らしい着こなし方法を解説します!

90’sっぽいグランジ感もプラスした“フレイドヘム”

今年らしさナンバー1と言えばこれ。

ルーズに切りっぱなした裾がグランジ感たっぷりの“フレイドヘム”はきれいめブラウスにあえて合わせてこなれた感じを演出しましょう。

スポーツ×ストリート“サイドライン”

今年のトレンドはなんと言っても“ストリートテイスト”。
ジャージやトラックパンツなどのスポーツアイテムの流行はデニムにまで波及しています。

サイドライン風に生地を切り替えたデザインであれば、スポーツテイストを気軽に取り入れやすいですよ。

デニムオンデニムでも野暮ったくならずにきまります!

ボヘミアン風“フリンジ”

70’s風のボヘミアンテイストの人気もまだまだ継続。

今シーズンのトレンドでもある、ヴィンテージ風のレース・レトロなフラワー柄との相性もバッチリです。

日本のデニム産地とは?

ところで皆さんは、日本にデニムの産地があることをご存知でしょうか。

“岡山デニム”は聞いたことがあるという方も多いかもしれません。

その岡山県と同様、広島県も日本有数のデニム産地だということは知っていましたか?

UNITED TOKYOではMADE IN HIROSHIMAのデニムも多数展開しています!


こちらはトレンドライクなサイドライン×刺繍入り。
¥18,000- +tax


ネック部分がフリンジに。コンパクトな丈感が女の子らしいブルゾン。
¥16,000- +tax

着れば着るほど自分仕様に馴染む日本製のデニム、トレンドの波に乗ってぜひ試してみてくださいね。

The following two tabs change content below.
TOKYO BASE

TOKYO BASE

”ALL MADE IN JAPAN“がコンセプトのブランド・UNITED TOKYOのONLINE STOREを担当しています。 ファッショントレンドや、日本のモノづくりに関しての情報を発信していきますので、よろしくお願い致します。
この記事が気に入ったらフォローしよう