もっさりしちゃう休日コーデを何とかしたい! そんなレディを救う合言葉は『フレンチシック』

最終更新日: 2017/05/11 by watabe

平日はバシッと決めてる大人女子ほど、休みの日くらいリラクシースタイルで過ごしたいもの。だからと言って、野暮ったいご近所コーデはしたくないですよね?

そこで皆さんに提案したいのが、「フレンチシック」な着こなし! 「フレンチシック」とは、シンプルな洋服をさらっと着こなすパリジェンヌのような、上品かつ洗練されたスタイルのこと。そのHowToさえマスターすれば、力んでないのにこなれ見えする、素敵なコーデができちゃうんです♪

今回は、そんなフレンチシックに欠かせない、重要なポイントについて解説します!

品のあるマリンスタイルで簡単フレンチ

手っ取り早くフレンチシックを叶えたいなら、カジュアル指数低めのマリンルックがおすすめ。
スカートは長めのミモレ丈を選んでみたり、サンダルやスニーカーじゃなく女っぽパンプスを合わてみたり……。とにかく元気路線ではなく、たおやかさを感じさせる方向に持っていくのがポイントです!

真っ赤なバレエシューズで大人な可憐さをひとさじ

ホワイト・ブルー・レッドと、まさにフランス国旗のトリコロールカラーに配されたコーデ。Tシャツ×デニムパンツにバレエシューズを投入すれば、ちょっぴり少女っぽさの残るフレンチスタイルになります。足の甲が見えることで、ヌケ感もプラスされて一石二鳥!
バッグはシューズとカラーリンクさせ、鮮やかなレッドをより際立たせて。

トレンドのスカーフをくるっと巻いてポイントづくり

「スカーフはエレガントになり過ぎる気がして手が出せない……」という方にこそトライして欲しいのが、こんなコンパクトサイズ! 面積の狭いスカーフは、形を作るときにも扱いやすく、カジュアルなスタイルにもすんなり馴染んでくれるんです。
さらにスナップのように細い帯状にしてからキュッと結べば、たちまちシックなフレンチルックの出来上がり!

フレンチなエッセンスを”散りばめる”

洋服や小物などの「アイテム」ではなく、その「ディテール」でフレンチ気分を取り入れることも可能! 例えばこのスナップ。バレエネックのトップスや股上の深いスキニーパンツ、リッチさ漂うバッグなど、それらが全部まとまることで、フレンチシックなスタイルが完成しています。
また、Tシャツをウエストインしたりアクセサリーを少なめにするなどの「お行儀の良い着こなし」も、上品なフレンチシックに通じる道!

The following two tabs change content below.
真雛美(MASUMI)

真雛美(MASUMI)

ファッション系メディアのキュレーター。また、「スタイルプロデューサー」としても活動中。みなさんのコーデに関する悩みを解決すべく、各種情報発信をしたり、ちょっと変わった手法で個人のスタイリングをコンサルしています。とにかくオモロイことが好き★ ■WEB→ http://masumi.top/ ■Instagram→ https://www.instagram.com/masumi_sp/ ■Twitter→ https://twitter.com/masumi_888