40代のジーンズ、どう着こなす? 大人女子のシンプルカジュアルコーデ14選♪

年齢を重ねてくると、ジーンズがだんだん似合わなくなるもの。その原因は、体型の変化とカジュアルコーデの着こなし方です。

40代でもジーンズをおしゃれに着こなすためには、どうしたらいいのでしょうか?

今回は、40代のシンプルおしゃれなジーンズコーデをご紹介します♥

※こちらの記事では、あくまでコーデの参考としてスナップを選定しています。

程よくゆとりのあるジーンズで、40代のカジュアルコーデをおしゃれに着こなそう!

40代にはあまりおすすめできないのが、タイトなスキニージーンズ。若い時のようなハリが失われる年齢になると、脚のラインもぼんやり変化してきます。

脚のラインを拾いやすいスキニージーンズではなく、ややゆとりがある細めシルエットやストレート、ワイドシルエットなどゆるめなサイズ感のジーンズがベター。

きれいめな白のとろみブラウスで、大人のきれいめカジュアルに♪

40代の大人女子におすすめなのが、ジーンズ×白いブラウスコーデ。ホワイトのトップスで肌映りがよくなり、健康的なカジュアルが楽しめます♥

とろみのあるゆるめなブラウスを選んで、きれいめカジュアルな大人コーデに!

インディゴデニムできりっと引き締めて。40代の大人女子のワイドデニムパンツ

ワイドデニムパンツはリラックス感のあるカジュアルにぴったりのアイテム。

ワイドパンツの場合、ウォッシュドデニムだと40代にはラフすぎるので、濃いインディゴデニムを合わせてきれいめを意識しましょう。

発色のいいトップスで、きれいめカジュアルなジーンズコーデ♪

トップスに発色のいいきれいなカラーを合わせるのもおすすめ。くすみがちな40代のカジュアルに印象的なメリハリをつけられます♪

大人ならではの肌見せコーデ! ジーンズ×背中開きトップス

肌見せの着こなしがトレンドの今シーズン。背中が大きく開いたトップスをジーンズに合わせるコーディネートはいかがでしょうか?

大人の女性らしさを感じさせる背中見せは、カジュアルなデニムに合わせておしゃれにスタイリングしましょう♥

ロング丈ジャケットで、ジーンズの着こなしをよそ行きモードに

トップスにきれいめ感があるアイテムをプラスすれば、ジーンズコーデがよそ行きモードにシフト。カッチリしたテーラードジャケットなら、カジュアルなデニムの着こなしに大人っぽさが加わります。

またロング丈のジャケットは、ジーンズを穿いた時に気になる腰回りがカバーできる優れもの。長い丈が縦長のIラインを強調するので、コーディネートがスッキリ見える効果も!

インナーにTシャツを挟むと、カジュアルなデニム生地とのテイストが揃い、おしゃれにまとまりますよ♪

2段フリルのジャケットなら、ジーンズがほっそり見える

こちらは2段フリルのジャケットをジーンズのコーディネートに投入。重なったフリルがAラインシルエットを作り、下半身のジーンズをほっそり見せるコーディネートが完成します。

ジーンズのラフ感には、フリルジャケットの甘さを抑える効果も。フェミニンなジャケットとカジュアルなジーンズの組み合わせで、大人可愛いコーディネートが楽しめますよ♪

上品な淡色トップス×パンプスで、ジーンズコーデを大人っぽく格上げ

お次はライトグレーやベージュの淡色トップスに、ジーンズを組み合わせたシンプルなスタイル。

上質なパンプスをプラスすれば、ジーンズの着こなしがぐっと格上げ。大ぶりなピアスでアクセントを効かせると、大人っぽい遊び心も加わります。

濃色デニム&白のVネックプルオーバーで、大人スポーティに

くっきりと濃いデニム生地のジーンズは、カジュアルでもきれいめ感があるアイテム。白のプルオーバーを組み合わせるとネイビー色が引き立ち、コーディネートがクリーンな印象に。

白のプルオーバーには、大人っぽさを感じさせるVネックを選ぶのが◎。ショートジャケットを羽織れば、スポーティで軽やかなデニムコーデが楽しめますよ♪

2017年6月7日 公開
2021年4月10日 更新

The following two tabs change content below.

karibusa

美大卒業後にデザイナーとして活動。その後、ファッション専門学校で教員として仕事をしていました。現在は子育てをしながら、アート系専門学校でファッションイラストの講師として活動しつつ、Webライターもしています。