カーディガンをとことん着まわす! 基本のアレンジ5パターン

暖かい日もあれば、肌寒い日もある、そんな季節の変わり目にピッタリな服といえば「カーディガン」ですよね。1枚で何通りにも着回せるので、実はコスパ最強のファッションアイテムなんです。

そこで今回は、「カーディガン」の魅力を最大限に引き出す着こなしアイデアを5パターンご紹介。すでに実践していたり見慣れていたりする着方も、ぜひ復習してみてくださいね♪

【1】フロントを閉じてトップス感覚で着る

一つ目にご紹介するカーディガンコーデは、フロントボタンを閉じてトップス感覚で着こなすスタイリング。ボタンが並んでアクセントになってくれるので、プルオーバーよりもおしゃれ度がグッと上がりますよ。

【2】カーディガンの王道スタイル! 羽織りとして着る

二つ目はまさにカーディガンコーデの王道、羽織りとして使うスタイリングです。Tシャツ・ブラウス・柄モノと、どんな服の上に羽織ってもおしゃれに決まるカーディガンはまさに季節の変わり目の救世主。朝起きて肌寒いと感じた日は、お手持ちのカーデをさっと羽織りましょう。

【3】カーディガンを肩掛けして着こなしのアクセントに

カーディガンの肩掛けは、アクセサリー感覚で楽しめる素敵テクニックです。また、暑くなって脱いだカーディガンを肩にサッと掛けると邪魔にならず、おしゃれさもアップ!

【4】袖を通さずに羽織れば、こなれたスタイルに

着ると暑いけど脱ぐと寒い、そんなワガママ天気のときは、袖を通さずカーディガンを肩に引っ掛ける感じで羽織ってみてください。ストールのように使えて、しかもおしゃれな大人のこなれ感も手に入ります。

【5】カーディガンのたすき掛けでおしゃれ上級者風に

最後にご紹介するのは、カーディガンを胸元で結んでたすき掛けする着こなしアイデア。斜めにカーディガンを掛けることで、着こなしのアクセントになるおしゃれテクニックです。

こうして見てみると、1枚のカーディガンでさまざまな着こなしができることを再確認できますよね。ぜひ、お手持ちのカーディガンコーデをブラッシュアップしてみてください。

The following two tabs change content below.

m.NaNa

アパレル業界にてファッションデザイナーを経験。鮮やかなカラーが好きでカラーコーディネートにこだわったブランディングに従事。現在はフリーのデザイナー兼ライターとして活動中。