手持ちのトップスも“ちょい出し”テクでこなれたコーデに♡

最終更新日: 2017/07/01 by watabe

手持ちのベーシックなトップス。そのまま着るのももちろん良いですが、フロント部分だけインして後ろはゆるっと“ちょい出し”すると、こなれ感のアップしたコーデに。

同じコーデでも、インなしとインあり、ちょい出しでは雰囲気が違って見えるんです。着方を変えるだけでOKなこのテクニック、着こなしの幅を広げたい人はぜひ実践してみてください。

シンプルなコーデこそ、ちょい出しでこなれ感をアップ

ホワイトカットソー×ブラックパンツの、まさにシンプルなコーデ。上手く着こなすとより洗練された印象になりますよね。
そのまま着るだけだと地味に見えてしまったり、のっぺり見えてしまう可能性がありますが、“ちょい出し”をすればすぐに解決。上半身がコンパクトになり、こなれた雰囲気が出せます。

定番ボーダートップスもちょい出しでよりおしゃれに

定番のボーダートップスは、便利だからこそ着こなし方を変えてコーデの幅を広げましょう。カジュアルすぎず、でもちょっとラフ感を残したいときに“ちょい出し”テクを投入。
ロングスカートと合わせれば、ワンランク上の大人の休日コーデになります。

刺繍トップス×デニムコーデも、ちょい出しでトレンド感たっぷりのスタイルに

旬の刺繍アイテムは、デニムコーデのトレンド感をアップしてくれるアイテム。そのまま着てもおしゃれですが、ちょい出しテクをすることでより鮮度の高いコーデになります。
上部分に刺繍のあるブラウスは、帽子をプラスすることで視線をさらに上へ誘導できます。スリムに見える効果がアップするのでぜひ真似してみてください。

ワイドパンツはちょい出しとの相性抜群

トップスとボトムスのバランスがきれいにまとまるワイドパンツのトップスインは、もはや必須の着こなし方ですよね。ただ、全部をインしてしまうとカチッとし過ぎてしまいます。例えばオフの日など、ちょっとゆるく着たいときにはちょい出しにしてみましょう。
少しの差でオンオフの切り替えになりますよ♪

裾全部をインするのではなく、“ちょい出し”の着こなしもぜひ実践してみてくださいね。マンネリ気味な組み合わせのコーデもパッと雰囲気が変わるはずです。

The following two tabs change content below.
mamiko

mamiko

ヘアメイク、美容部員、エステティシャン、アパレル勤務を経て、現在はフリーライターとして活動中。美容やファッションなど女性向けの記事を執筆しています。 素敵だと思うのは、『年齢相応の美しさ、可愛さを大切にする女性』。