“赤”でいつもよりオトナな魅力をアピールしたい! 照れないレッドの使い方

最終更新日: 2017/07/02 by watabe

使い方次第で可愛くも色っぽくもなる赤。たった一点あるだけで女らしさがグッとアップします。

赤には「フェミニン」「女性らしい」イメージがあるかもしれませんがシンプル、カジュアルな服装のときこそ、あえての赤でギャップを狙いましょう。

赤ってあまり挑戦したことがないかも……? そんな方のために、大人の赤の使い方をお伝えします。

赤リップor赤ネイルで女っぽく艶めく♡

カジュアル要素が強くても、リップやネイルを赤にするだけでグッと女性らしさがアップします。ちょいセクシーが完成するのは“赤”ならでは。
赤リップ&ネイル初挑戦の方は、カジュアルな服装のときに取り入れてみるのがおすすめです。セクシーになりすぎないのでチャレンジしやすいはず♡

レッドワンピースは、スニーカーやサンダルでカジュアルに着る

「レッドのワンピースって可愛いけど、気合い入り過ぎだと思われちゃうかも……。」

それなら、スニーカーやサンダルでカジュアルダウンするのがおすすめ。インパクトの強いレッドワンピースが、程よく力の抜けたラフさのある印象に変わります。

実は使いやすい♡ レッドスカート

レッドスカートというと、派手で合わせにくいイメージを持っている方もいるかもしれません。でも、意外にも合わせやすく、おしゃれな人の所持率も高いアイテムなんです。
女性らしいコーデはもちろんですが、カジュアルコーデのときにもマッチしてくれます。

赤は女性を魅力的に見せてくれるカラー♡
カジュアルなだけのコーデじゃなく、女性らしさもアピールすることで女度が上がります。ぜひ赤を取り入れたファッションを楽しんでみてください。

The following two tabs change content below.
mamiko

mamiko

ヘアメイク、美容部員、エステティシャン、アパレル勤務を経て、現在はフリーライターとして活動中。美容やファッションなど女性向けの記事を執筆しています。 素敵だと思うのは、『年齢相応の美しさ、可愛さを大切にする女性』。