この夏は「黒Tシャツ」を軽やかに着こなそう。重く見えないスタイリングの仕方とは?

最終更新日: 2017/07/20 by watabe

夏は”黒”のアイテムを着ると重く見えてしまう季節。でも暑苦しく見えるスタイリングは避けたいし、特に出番の多いTシャツこそ着こなしには注意したいところ。

暑さの厳しい日でも、暑苦しく見えない「黒Tシャツ」の着こなしを紹介します。

夏の涼感コーデに欠かせないストライプを味方につけて

手軽にコーデを爽やかに見せてくれるストライプは、夏に欠かせないアイテム。そんな万能なストライプを味方にすれば、黒Tシャツも涼やかに着こなすことができます。マルチストライプだとチアフルな仕上がりに♪

色鮮やかな花柄スカートと合わせて華やかに

1点投入でコーデが華やぐ花柄スカートには、黒Tシャツを引き締めアイテムとして活用すれば重く見えません。揺れ感が可憐なプリーツスカートは、清涼感があり女性らしさを引き立たせる効果も。白地の花柄はより夏場を涼しげな雰囲気にしてくれます。

ホワイトボトムを選んで爽やかモノトーンスタイル

夏にモノトーンスタイルをするなら、ボトムにホワイトを取り入れるとシンプルだけど清涼感のある仕上がりに。トップスよりも面積の広いボトムにホワイトを投入することで、モノトーンを簡単に軽やかな印象にすることができます。

デニムを黒Tシャツと合わせるのなら淡色で夏らしく

夏も欠かせないデニムパンツ。他の季節と同じようなデニムをはくのではなく、淡色を選ぶことで夏らしさがぐんとアップします。黒Tシャツを合わせればメリハリが生まれ、大人びたスタイルに。デニムで涼感コーデをするなら絶対に外せないポイントです。

The following two tabs change content below.
mayu

mayu

アパレルブランドの販売員、ファッション誌のライターアシスタントを経験。ファッションやコスメが大好き。映画も人生に欠かせません♡