このアイテム今年も着れる? そろそろアウト? トレンド継続or終了を要チェック!

最終更新日: 2017/09/10 by watabe

そろそろ衣替えの季節。以前お気に入りで買ったアイテムが今年も使えるかどうか、断捨離に悩む時期でもありますよね。
今回はトレンドの観点から、4つのアイテムを今使えるかどうかチェック。お手持ちのアイテムがあれば、今シーズンのワードローブに加えるべきか参考にしてみてくださいね♪

1:プリーツスカート

2015年から2016年にかけてトレンド入りしたプリーツスカート。もはや定番化したアイテムといえるでしょう。旬を過ぎたとはいえ、もう使えないというわけではありません。ただしトレンドを意識するなら、柄や素材・デザインにひと工夫あるものをチョイスし、鮮度アップを図りましょう。
例えば、イレギュラーヘムのようにシルエットが今年らしいもの。スナップのようなレザー素材や、幾何学柄などもおすすめです。

2:ニットキャップ

被るだけでこなれ感が生まれ、使いやすさバツグンのニットキャップ。キャップやベレー帽、キャスケットといった新顔に押され気味ではありますが、こちらも定番的に使えるアイテムとしてまだ健在です。
気を付けたいのはコーデ全体のテイスト。アメカジっぽいスタイルにニットキャップは少し古さを感じてしまいます。カジュアル度は控えめに、モード感をプラスしたり、モノトーンコーデなどで大人っぽさをトッピングするのがマストです。

3:ガウチョパンツ

ワイドパンツやロングスカートといったフルレングスのボトムスが主流となっている今、ガウチョパンツは丈感に注意。ひざが隠れるくらいの半端丈は、そろそろ卒業した方がよさそうです。
スナップのような、足首が見える程度の長めレングスであれば今年もOK。
ネイビーやブラウンカラーなら、色味で今年っぽさを演出できるのでガンガン取り入れてみて。

4:スリッポン

つま先が丸く、ぽってりしたフォルムのスリッポンは今っぽさに欠けるかも。
ワイズの狭い細身のものや、シャープな顔立ちのポインテッドトゥだと洗練度がアップし、今年も使えそうです。
トレンドのメタリックカラーやスナップのような柄物をチョイスし、エッジを効かせるのもアリ♪

The following two tabs change content below.
AMO

AMO

ショップ販売員の経験を活かして、ファッション関係のライティングを中心に活動中。新米主婦でもあります。 最近は和服に目覚めて、着付け教室に通うのが楽しみのひとつ。 “好き”と“トレンド”の両方が叶う、着る人がハッピーになれるコーディネートの提案を目指しています♪