「お正月太り……!?」体重が増えたときは“入浴”を見直す♡

最終更新日: 2018/01/07 by watabe

年末年始はどうしても太りやすい季節。実家に帰省すると、何でもしてくれる親に甘えてしまってついダラダラ過ごしてしまう、という方も少なくないと思います。

のんびりとした冬休みも終わり、体重計に乗ってみてびっくり、「これはマズイ!」と焦った方、食事制限やいきなり過度な運動をする前に、まずは痩せるための体作りをしましょう。

ダイエットにおいて重要なのが“入浴”なのです。

人間の体の基本! 「血流」をよくするために全身浴を!

美容のために半身浴をしている、という方もいるかもしれませんが、痩せやすい体作りのためには全身浴で血流の流れを良くすることが大切です。

血流が良くなることで質の良い睡眠が取れて、腸内環境も整えることができます。肩まで浸かって、しっかり全身を温めましょう。

痩せやすい体作りのための全身浴のしかた

半身浴でなが~いバスタイムを楽しみたい方もいるかもしれませんが、全身浴をするときは10分~15分程度でOK。お湯の温度が熱すぎると興奮状態になってしまい眠りづらくなるので、40度程度のお湯に浸かりましょう。

また、一回の入浴で約800mlの水分が失われるとされています。そのため、入浴前&入浴後それぞれ400ml程度の水分を摂るようにするのがおすすめです。

特別なことをする必要はありません。ごくごく普通の入り方でOKです。

1.かけ湯をする
2.湯舟に5分程度浸かる
3.髪や体を洗う
4.湯舟に10分程度浸かる

全身浴は長時間浸からなくてもしっかり体が温まります。10~15分程度で十分なのです。仕事などで忙しい人でも取り入れやすいという部分も嬉しいポイントですよね。

ひとり暮らしだと、ついシャワーで済ませてしまう方もいるかもしれませんが、入浴はダイエット&美容のためには欠かせない習慣。まずは全身浴で体を整えることを意識すると、きれいになるための準備が整いますよ♪ 今日から全身浴、ぜひ始めてみてください。

The following two tabs change content below.
mamiko

mamiko

ヘアメイク、美容部員、エステティシャン、アパレル勤務を経て、現在はフリーライターとして活動中。美容やファッションなど女性向けの記事を執筆しています。 素敵だと思うのは、『年齢相応の美しさ、可愛さを大切にする女性』。