今年はワイドパンツからテーパードまで! きれいめ派のチノパン、どのタイプにする?

最終更新日: 2018/01/24 by watabe

春のカジュアルコーデに欠かせない「チノパンツ」。この定番のワークパンツ、近年はストリートカジュアルからきれいめカジュアルにまで、着回し抜群の一着となっています。
今回は「ワイドパンツからテーパードまで! きれいめ派のチノパン、どのタイプにする?」をご紹介します。チノパンツの中でも、春に軽やかなベージュカラーをピックアップ。大人っぽく着こなすコツも解説します。

股上深めのややワイドなパンツが狙い目

2018年の春、シンプルカジュアル好きなおしゃれさんがワイドパンツで注目している形がこちら。股上が深めでストレートより幅広、例年のワイドよりは細身のデザインです。
パンツのボリューム感がなくなった分、高めのウエストマークで、ゆったりしたワイドパンツ同様に足長効果もクリアしています。またストレートパンツより下半身のシルエットを拾わない点も人気の秘密です。

きちんとまとまりやすいタック入りワイドパンツ

どうしてもカジュアル感が強くなってしまうチノ素材。きれいめコーデが多い方におすすめなのが「タック入り」のデザインです。
ふともも回りをカバーしたい女性が、満足できる一着に出会いやすいデザインです。

コーデがまとまりやすいウエストのアクセント

去年に引き続きウエストリボンやサッシュベルトの付いた、ウエストにポイントのあるデザインがトレンドです。しっかりと高い位置でウエストマークできるので、足長効果や着やせも期待できます。
さらにモデルさんのようなトレンド感あるトップスはもちろん、シンプルなトップスでもパンツひとつでコーデを今年顔にしてくれます♪

主張なく馴染み、飽きの来ないテーパードパンツ

ワイドパンツに飽きてきた女性の間で、支持が集まりつつあるのが「テーパードパンツ」。おしり周りがゆったりとしており、足首に向かって細くなるパンツシルエットは主張なくコーデに馴染みます。
カジュアルコーデはもちろん、オフィスカジュアルなど少しフォーマル感が必要な場面にも支持されているパンツです。

スニーカーが生きるジョガーパンツ

パンツの裾がキュッと締まったデザインがスポーティな「ジョガーパンツ」。スニーカーが良く見えるように作られたという一説があるデザインだけに、靴をかかとまでしっかり見せてくれます。
靴をアクセントにして、チノパンコーデを楽しみやすいアイテムですね♪

The following two tabs change content below.
fujisakiwith

fujisakiwith

ファッションライター。読んでいただいた方の ”毎日がちょっと楽しくなる” ような文章を作っています。