街でもリゾートでも可愛くいたい! 絶対オシャレになれる「2018年のマキシワンピース」4タイプ♪

海やリゾートではもちろん、街でも楽しみたい「マキシワンピース」。さらっと着るだけで様になるので頼りになりますよね。 マキシワンピースは街でもリゾートでも可愛くいたい女性の味方なんです♪

そこで今回は、2018年絶対オシャレになれる「マキシワンピース」を調査してみました。中でもファッショニスタの着用率の高かった4つのタイプをご紹介します。とっておきの1枚を着こなして夏を楽しみましょう!

キーワード01/ 花柄マキシワンピース

夏の定番ともいえる花柄マキシワンピース。だからこそチョイスする色や柄によって個性が光るんです♪ 今年はちょっとレトロな花柄ワンピースが旬です。早速ファッショニスタの着こなしを見てみましょう。

こちらは淡いグリーンベースの花柄マキシワンピースです。主張しすぎない淡い色合いは、ふんわり優しい印象を作ってくれます。スナップのような細かい花柄は、よりヴィンテージライクな雰囲気になって今っぽく仕上がります♡

 

こちらはオレンジのような、ブラウンのような、何ともいえないこっくりカラーのマキシワンピース。スナップでは夏小物を合わせてリゾートっぽく仕上げていますが、ブラック小物でまとめると秋仕様にチェンジ。こっくりカラーのマキシワンピは秋まで長く使えます♪

 

鮮やかなリーフ柄が素敵なこちらのマキシワンピース。シフォンのやわらかな質感ならダークトーンも軽く見えますね♪ 深めのスリットとデニムとのレイヤードも今っぽく見えるテクニックです。

 

同じダークトーンの花柄でも、透け感のない生地は上品な印象に仕上がります。スナップのようにスニーカーであえてカジュアルに着こなすのはもちろん、ちょっとしたお呼ばれにも活躍してくれそうです。

キーワード02/ ドット柄マキシワンピース

トレンドのドット柄マキシワンピースは無条件でオシャレ見えさせてくれるアイテムです♡ 流行っているからこそ、自分らしいシルエットの1枚を見つけてみましょう。

こちらはオフショルダーのドット柄マキシワンピースです。ドットの甘さとオフショルダーの女っぽさをスニーカーでカジュアルダウン。そのバランスが今年っぽいですね♪

 

こちらはトップスとスカートでコーディネートしているように見えますが、実はワンピースなんです。こんな無地素材とのドッキングなら、ドット柄初心者さんでも取り入れやすいですね。1枚でキチンとオシャレに見える嬉しいデザインです。

 

ドットの甘さとタイトシルエットのシャープさのバランスが素敵なこちらのマキシワンピース。ふんわり広がるデザインは飽きてしまった……、そんな大人女子にピッタリの1枚です♪ 少し子供っぽくなりがちなドットは、タイトシルエットをチョイスするとグンッと大人な雰囲気に仕上がります。

キーワード03/ ストライプ柄マキシワンピース

ストライプ柄マキシワンピースは、暑い日でも見た目温度を下げてくれる爽やかで清涼感のあるアイテム。様々なカラーが混ざっているものや、ランダムピッチのマルチストライプならカジュアルに、ベーシックストライプなら上品に着こなせます。

こちらはマルチストライプのマキシワンピースです。オフショルダーやフリルでシルエットが甘い分、マルチストライプとスニーカーでカジュアルさをプラスしています。

 

こちらはベーシックストライプのマキシワンピースです。シャツ型ならきちんと感もアップするので、彼の実家へ一緒に帰省……なんてときにも好印象を与えられます♪

キーワード04/ ベリー系カラーの派手マキシワンピース

派手カラーがたくさんトレンドに上がっている今季ですが、中でもベリー系がオシャレさんの間で人気が高いようです。夏の日差しに映えるベリーカラーは着ているだけで元気をもらえそうです!

情熱的なレッドマキシワンピースは日焼け肌をきれいに見せてくれるので、海やリゾートにピッタリの一品。余計な装飾はせず、ワンピース1枚をさらっと着こなすのがオシャレさんに見えるコツです♪

 

パープルはベリー系カラーの中でも大人っぽく着れてタウン向け。スナップのような袖付きマキシワンピースならきちんと感も演出できますね。

 

ラズベリーピンクのマキシワンピースは、パッと目を惹く主役アイテム♪ こちらのスナップでは、小物をベーシックなホワイトやベージュでまとめてバランスをとっています。

オシャレに見える「マキシワンピース」のキーワードをご紹介してきましたが、いかがでしたか? お気に入りの1枚を自分らしく着こなして、夏のオシャレを楽しんでくださいね♡

The following two tabs change content below.

m.NaNa

アパレル業界にてファッションデザイナーを経験。鮮やかなカラーが好きでカラーコーディネートにこだわったブランディングに従事。現在はフリーのデザイナー兼ライターとして活動中。