「ボディバッグ」人気が止まらない! アクセサリー感覚で持つのが今年流のおしゃれです♪

今年に入って人気が急上昇した「ボディバッグ」、まだまだその勢いは止まりそうにありません。カジュアルやスポーティーなファッションが人気の今にもぴったりで、両手があくからお出かけにだって最適!

トレンドのアイテムゆえに、取り入れるだけで旬の着こなしにアップデートできますが、コーディネートのバランスを考えて持つと、おしゃれ度がさらにアップします♪
ファッショニスタの持ち方を参考に、さらにハイセンスにボディバッグを使いこなしてみましょう!

コーディネートの引き締め役として作用

明るいベージュのワンピースを着用したコーディネート。ストンと落ちたシルエットのワンピースにボディバッグを持つと、メリハリができてスタイルアップ効果をアシスト。洋服の明るい色に反するブラックのボディバッグを選べば、色のコントラストでバランスのいい仕上がりに。

黒コーデは白のボディバッグで軽やかに仕上げる

トップスとボトムがどちらも黒のときや、ロング丈の黒ワンピースのときは、白のボディバッグをセレクトしてみて。暗く見えがちな黒コーデに軽やかさが出て、メリハリのあるコーディネートに。普通のバッグと違い上半身にバッグが位置するので、視線が届きやすく存在感も際立ちます。

コーディネートをカジュアルダウンさせたいときにも

ベージュのチェックワンピースにボディバッグをON。女の子らしさを感じるワンピースコーデを程よくカジュアルダウンすることができます。スナップでは、スニーカーとキャップをセレクト。カジュアル小物で統一することで、コーディネートにボディバッグが自然になじみます。

モノトーンカジュアルをモードな表情に

カジュアルなコーディネートには、布地ではなくレザー素材のボディバッグを選んでリッチさをプラス。ラフには見えないカジュアルコーデに仕上がります。またモノトーンコーデとの相乗効果で、モードな一面も感じさせます。

秋に映える渋色を選んで季節を先取り

秋を意識したいのなら、ブラウンやカーキなどの渋色を選んで。夏のコーディネートはそのままでも、渋色ボディバッグを持てば、季節を先取りしたコーディネートが叶います。スナップで着用しているスカートはこの秋に大注目のヒョウ柄。インパクトの強い柄でも、カーキのボディバッグなら日常になじむ仕上がりに。

The following two tabs change content below.

mayu

アパレルブランドの販売員、ファッション誌のライターアシスタントを経験。ファッションやコスメが大好き。映画も人生に欠かせません♡