定番だからこそ更新して! 今っぽ「シャツ」の着こなし14選

最終更新日: 2018/09/21 by watabe

どんなシーンでも使えて、おしゃれの幅を広げてくれる「シャツ」。毎シーズン使える定番アイテムだからこそ、その時々のトレンドに合わせてコーデの微調整をするのがオシャレ上級者への近道です。ほんの少し気を配るだけでグッと洗練されたイメージを演出できます。

そこで今回は、今っぽ「シャツ」の着こなしを14例ご紹介します。ぜひ秋のコーディネートの参考にしてください♪

ON・OFF両立できる「白シャツ」がやっぱり便利

オフィスにもデイリーにも使える白シャツは、ワードローブにあると安心感のあるアイテム。シーズンごとに少しずつシルエットがオシャレに微調整されるので、最旬のシャツを手に入れましょう♪

カジュアルなスキニーパンツも、白シャツの清潔感がオフィスコーデへと導いてくれます。

同じ白シャツ×パンツコーデでも、カジュアルなキャスケットや巾着バッグ、丸メガネをプラスすればこんなにもカジュアルに。白シャツから程よいきちんと感が漂い、大人な休日コーデが完成します。

トレンドカラーのシャツなら、それだけで旬コーデに

トレンドカラーで彩ったシャツを使えば、シンプルコーデも瞬時にアップデートできます。今季、大人女子に特におすすめなのがパープルなどのベリーカラー。女っぽさをキープしつつ、旬の辛口コーデを楽しめます。

「チェック柄シャツ」なら秋コーデへ簡単シフト

今季、チェック柄は外せないトレンド。もちろんシャツでもチェック柄が豊富に登場しています。こちらのスナップのような大柄チェックならカジュアルに。キレイめがお好みの方は、柄が細かいグレンチェックをチョイスしてみて。

ラフに羽織るだけでこなれ感が生まれる「シャツ」の魅力

シャツは秋口の気温調整にも大活躍。夏コーデにラフに羽織るだけで、こなれ感が生まれてオシャレな着こなしが完成します。ちょっとルーズに着こなすのが今の気分にぴったりですね♪

オーバーサイズの「シャツ」をゆるっと着こなして抜け感を作る

ドロップショルダーやボリューミーな袖のオーバーサイズシャツは、ゆるっと着こなせば抜け感のある今どきコーデに。こちらのスナップのようにワイドパンツに合わせるときは、ウエストインでメリハリをつけて。

ジャストサイズの「シャツ」なら好印象なグッドガールに

秋のクラシカルムードを楽しむなら、ジャストサイズのシャツを首元までボタンを閉めて、カチッと着こなすのもおすすめ。キレイめにまとめて、好印象なグッドガールスタイルに♡

定番だからこそ、周りと差のつく「デザインシャツ」という選択も

周りと差をつけたいなら、デザインに凝ったシャツを取り入れてみて。こちらのスナップのような大胆なヘムラインのドラマティックなシャツなら、1枚でコーデがさまになります。

ボタンに凝ったシャツもおすすめです。こんなべっ甲タイプの大きめボタンなら、白シャツに映えてコーデのアクセントになりますね♪

ベルトONで「シャツ」のシルエット変化を楽しむのも大人っぽい

毎日着たいシャツだからこそ、着方を工夫してシルエット調整することで、よりコーデの幅が広がります。簡単にできるのはベルトをONするテクニック。太めベルトならカジュアルに、細めベルトならフェミニンな仕上がりに。

インナーにこだわって「シャツ」の新しい着こなしを模索してみて

今秋はシャツレイヤードテクニックにも注目したいところ。こちらのスナップのように、ハイネックトップスを重ねればモードな装いにシフトします。

Tシャツを重ねて、ロゴをチラ見せさせるテクニックもおすすめです。夏のカジュアルスタイリングにシャツをプラスするだけなので、気軽にチャレンジできますね♪

脇役としてコーデにスパイスを加える「シャツ」の使い方もマスター

秋が深まってきたら、ニットやスウェットからシャツをのぞかせる着こなしも可愛い♡ この場合シャツは脇役ですが、あるとないとではコーデのオシャレさが格段に変わります。寒くて1枚で着られなくなってしまったシャツも、これで冬まで活躍してくれます。

「シャツワンピース」にボトムレイヤードが引き続きトレンドに

シャツワンピースも夏に引き続き人気が衰えません。パンツやレギンスのレイヤードが今っぽく仕上げる秘訣! 寒さ対策もできておしゃれ見えする、大人女子に打ってつけのコーデテクニックです♪

The following two tabs change content below.
m.NaNa

m.NaNa

アパレル業界にてファッションデザイナーを経験。鮮やかなカラーが好きでカラーコーディネートにこだわったブランディングに従事。現在はフリーのデザイナー兼ライターとして活動中。