芸術の秋♡ 美術館やアートギャラリーへのお出かけは何を着て行くのがいい?

最終更新日: 2018/09/23 by watabe

暑さが落ち着くと秋の風を感じられる日も多くなってきますね。秋といえばやっぱり芸術の秋! お出かけやデートなどで美術館やギャラリーに行く機会もあると思います。

そこでふと思うのは、何を着て行けばいいのか?ということ。特にドレスコードはないのですが、美術館やアートギャラリーの閑静な雰囲気に馴染むのは、“きちんと感”がどこかにある装いです。ファッショニスタのシックでオシャレな秋スタイルを参考にしてみてください。

<スカート派:カジュアル>きちんと感のあるスカートで

上スナップの前ボタンがオシャレなトレンチスカートは、トレンチコートのテイストを取り入れたトラッド感のあるアイテム。また下スナップのジャンパースカートもすっきりとした印象です。どちらのアイテムもカジュアルだけど“きちんと感”があり、シックな秋スタイルを完成させています。

<スカート派:きれい系>ワンピースやシフォンスカートでレディに

きれい系にまとめるなら、人気継続の花柄ワンピースやシフォンプリーツスカートはいかが? この秋ならトレンドのパープル、モーブピンク、ボルドーが女性らしい印象に仕上げてくれます。美術館デートにもピッタリ♪

<パンツ派:カジュアル>デニムでもきれいに着こなす

カジュアル感が強いデニムでも、きれいめコーディネートは可能です。デニムワイドパンツなら甘めトップスとコーデしてベルトでウエストマーク。スタイルアップしながらきれいめな印象を作れます。また下スナップのようにデザイン性のあるシャツチュニックを合わせれば、スキニーデニムもお出かけ仕様にシフト。

<パンツ派:きれい系>ワントーンコーデでつくるきれいスタイル

上スナップはロングシャツワンピースにワイドパンツをレイヤードしたホワイトのワントーンコーデ。下スナップはレースブラウスとスカート見えするプリーツワイドパンツのベージュワントーン。同色でまとめるとコーディネートがスッキリきれいに仕上がり、美術館やアートギャラリーにピッタリな秋スタイルに。

The following two tabs change content below.
ロザリンダ

ロザリンダ

美大デザイン科を卒業後、アパレルデザイナー、ファッションプランナーとして15年勤める。また一方アロマテラピーに興味を持ちアロマテラピーインストラクター、アロマセラピストの資格を取得。その後、心と体の健康や美容についての講座を開き講師として10年ほど活動しています。 現在アパレルデザイナーとアロマテラピー講師の経験を活かしてファッション記事のキュレーターと美容・健康記事のライターをしています。