パンツvsスカート、どっちがおしゃれ? ざっくりニットカーディガンの着回しアイデア集

最終更新日: 2018/09/25 by watabe

ボリューミーなシルエットが可愛い「ざっくりニットカーディガン」の季節がやってまいりました♪ 今年はどんなアイテムと着こなしますか?

今回は「パンツvsスカート、どっちがおしゃれ?ざっくりニットカーディガンの着回しアイデア集」をご紹介します。

今年の特徴は”ボレロ&ガウン”っぽい!

毎年寒い季節になると、おしゃれさんの間で注目が高まる「ざっくりとした肉厚なニットカーディガン」。今季のデザインは、”袖部分にバルーン状のボリューム感があるもの”に人気が集まっています。
さらにシルエットは、”ボレロっぽい、やや短め丈”と”ガウンっぽい、腰が隠れる程度のレギュラー丈”が主流。パンツやスカートに合わせたとき、どちらが自分に似合うか着比べるのも楽しいですね♪

それではファッショニスタの「ざっくりニットカーディガン」を使ったコーデを、スカートとパンツに分けてご紹介します。

【スカート/01】バランスが取りやすい! 長め丈のタイトスカート

スカートの中でも、全身のバランスが取りやすいのが「長め丈のタイトスカート」。肉厚なカーディガンは上半身にボリュームが出るため、タイトなシルエットのスカートと合わせるとすっきりした印象に。またウエストマークが高めにできるスカートと、短め丈のカーディガンとの組み合わせは、脚長効果も期待できます♪

【スカート/02】人気のロングスカート

引き続きロングスカートはトレンドコーデに欠かせないアイテム。そんな人気のロングスカートとも、ざっくりニットカーディガンは相性抜群です♪

モデルさんはレオパード柄が大胆なスカートを、やわらかな曲線を描くニットカーディガンで可愛らしさをプラス。クールなだけじゃない、旬顔のモードなスタイルに仕上げています。タイトスカートと同じように、トップスをインしてウエストマークすると、全身がすっきりまとまります。

【スカート/03】人と差がつくミニスカート

程よくボリュームがあるニットカーディガンは、ミニ丈のスカートとも合わせやすいアイテム。全身メリハリあるシルエットで着こなすことができます。長め丈のスカートに飽きた方は、ミニスカートでマンネリ打破してみてはいかがでしょうか♪

スカート合わせならカーディガンの前を閉めてもGOOD

前を開けて羽織るカーディガンは、開けた部分に縦のラインが生まれ、スタイリッシュに決まりやすくなります。しかし、前を閉めても素敵に着こなせます♪ 体形による「似合う似合わない」がありますが、スカートなら比較的どの着丈のカーディガンともバランス良くまとまります。

【パンツ/01】こなれ感が加速するデニムパンツ

少し長めのニットカーディガンを、ガウンのようにさらりと羽織るモデルさん。パンプスやカーディガンを、シックな色で統一。そんな大人色のコーデに、デニムパンツがカジュアル感を加えて、こなれた魅力を引き上げています。

【パンツ/02】大注目のスキニーパンツ

スキニーパンツは今季久しぶりのトレンドキーワード。着痩せも狙えるこのアイテムを楽しまない手はないですね♪
カーディガンとコーデするなら、少し長め丈が無難。メリハリコーデが作りやすく、スニーカーからパンプスまで足元も幅広くアレンジできます。

【パンツ/03】ボリューミーにまとめるワイドパンツ

ざっくりカーディガンをワイドパンツとコーデしたハイセンスな着こなしがこちら♪ どちらもボリュームのあるアイテム同士の組み合わせは、配色や着丈バランスまで、着る人のセンスが必要。うまく仕上がると、ゆるりとした上級者パンツコーデが完成します!

カーディガンの前を閉めてパンツと着こなすなら着丈をチェックしよう

スカート同様、パンツと合わせるときは、カーディガンの前を閉めても新鮮です♪ ただパンツは股上が浅いものもあり、閉めて着たとき着丈とのバランスはチェックしましょう。よほどテーマがあるコーデのとき以外は、モデルさんのようにベルトルーフ部分が”すっかり隠れる丈”の方が、きれいにまとまります。

The following two tabs change content below.
fujisakiwith

fujisakiwith

ファッションライター。読んでいただいた方の ”毎日がちょっと楽しくなる” ような文章を作っています。