抜け感デザインで今っぽく。レギンスは”スリット入り”でおばちゃん見えを回避!

春に引き続き、秋も人気継続のレギンス。ワンピースとの組み合わせが”今っぽい”と、王道になりつつあります。それでも、やっぱり全体のバランスや合わせるアイテム選びに気を付けないと、ひと昔前の古さが出てしまう難しいアイテムでもあります。

そんな難問の解決を手助けしてくれるレギンスがあります。それは「スリット入り」のもの。中でもニット素材やリブ素材だと断然今っぽく、秋冬らしさを出すこともできます。

おしゃれに定評のあるファッショニスタのコーディネートをチェックして、今っぽい着こなしをマスターしましょう!

大人の上品なリラクシーコーデ

ロング丈が人気の今、ひざ丈はおしゃれに差が出るアイテム。ただレギンスを合わせるだけではオバ見えしてしまうので、スリット入りレギンスを選んで今っぽさを。さらに、ニュアンストーンでまとめたコーディネートの足元には、この秋トレンドのヒョウ柄をセレクトし、鮮度の高い着こなしに。

Tシャツのシルエットまで抜かりなく

大きめTシャツをワンピースのようにしてレギンスを合わせたコーディネート。レギンスは、ブラックで無難な着こなしにはせずに、グレーを選んでこなれ感を。Tシャツはスリット入りや、前後差デザインを選んで差をつけて。バッグはショルダーやトレンドのウエストポーチを合わせてアクセントに。

同系色を選べばレギンスの主張も控えめに

長めのワンピースにレギンスを合わせたコーディネートは、今シーズン鉄板の組み合わせ。ポイントは同系の色味を選ぶこと。レギンスだけ浮いてしまうこともなく、コーディネートと自然になじみます。

レギンスを細身パンツかのように取り入れる

レギンスをパンツ代わりに着たコーディネート。ニットやリブ素材だと今っぽいだけでなく、脚やお尻のラインを拾いすぎないので自然な着こなしに。トップスはアウトして、短すぎない丈を選ぶのがおすすめ。スポーティーコーデにぴったりの着方です。

The following two tabs change content below.

mayu

アパレルブランドの販売員、ファッション誌のライターアシスタントを経験。ファッションやコスメが大好き。映画も人生に欠かせません♡