「チェック柄」の選び方でオシャレ見え♪ 今年らしい「チェック柄」ってどんなの?

最終更新日: 2018/10/05 by watabe

この秋のトレンドである「チェック柄」。一言でチェックといっても、さまざまな種類があります。なりたいイメージに合わせて今年らしいチェック柄を選ぶことができれば、よりオシャレを楽しめるはず!

そこで、#CBKスナップにたくさん登場しているチェック柄を徹底調査。ワードローブにあるものや、これから買おうと思っているチェック柄がどんな種類なのかを知って、よりファッションを楽しんでくださいね♪

1. タータンチェック柄

タータンチェック柄は、元々スコットランドで民族ごとに定められていた柄のことです。身分によっても使える色が限られている、伝統のあるチェック柄。赤や緑、黒などで構成されたものが多いのが特徴です。
現在の日本では、ファッションアイテムとして広く取り入れられています。歴史を少し知っているだけで、タータンチェックをより楽しめそうですね♪

2. グレンチェック柄

グレンチェック柄は、千鳥格子や細かなチェックを組み合わせて構成されたもの。ファッションアイテムではブラウン系やグレー系が多く、今年の秋もっとも注目の柄でもあります。

マニッシュな印象が強く、ちょっと男前に仕上がる柄なので、華奢なアクセサリーなど女っぽさを加えたコーディネートがおすすめ♪

3. ガンクラブチェック柄

ガンクラブチェック柄はグレンチェックと似ていますが、2色以上のカラーで構成された小さなチェック柄はガンクラブと呼ばれます。
グレンチェックと同様に大人っぽく、マニッシュで男前な印象に着こなせるチェック柄です。一方でグレンチェックよりも色味や柄が引き立つので、コーデに奥行きをプラスしてくれます。

4. バーバリーチェック柄

バーバリーチェック柄は、キャメルベースに黒・白・赤のラインで作った格子柄が乗っていることが特徴。あの有名なバーバリートレンチコートの裏地によく使われている柄です。

高級感のあるバーバリーチェックは、あえてカジュアルに着崩すおしゃれさんが多いみたい♪ オールシーズン楽しめる柄です。

5. ラインチェック柄

ラインチェック柄は、ベースカラーの上にワンカラーの線でシンプルに構成されたもの。スッキリしたチェック柄で、普段柄物が苦手な方でも取り入れやすいのが嬉しい♪ ミニマル派の方でも、秋のトレンドを手軽に楽しめます。

6. ブロックチェック柄

ブロックチェック柄は、1色の濃淡で構成されたチェックのこと。大きめで大胆な柄がコーデの主役になってくれます。
カジュアルな着こなしはもちろん、ガーリーアイテムとも相性抜群♪ カジュアル派はベーシックカラーで、ガーリー派は暖色系やパステルカラーで取り入れるのがおすすめです。

7. ギンガムチェック柄

ギンガムチェック柄は、ブロックチェックが細かくなったもの。ベースはホワイトが一般的です。2018年春夏に大流行しましたが、実は毎年登場する定番アイテムなんです。

幼い印象になりがちなので、大人っぽいアイテムと一緒にコーディネートすると好バランス。春夏のイメージが強いですが、秋冬に取り入れればコーデに軽さをプラスすることができます。

8. タッタソールチェック柄

タッタソールチェック柄は、2色のラインを交差させたチェック柄のこと。秋冬らしさを感じさせてくれますが、柄自体はシンプルなので、デザインアイテムで取り入れてもスッキリ見えが叶います。スナップのような面積が広いボリュームスカートも、こんなにもスッキリ♪

9. マドラスチェック柄

マドラスチェック柄は、元々インド発祥で、ピンク・黄色やオレンジなどのカラーを使った柄のこと。コットンを草木染で染色していたことから、鮮やかなビタミンカラーなのに落ち着いた色目に仕上がるのが特徴です。

暑い地域発祥の柄なので、夏アイテムに取り入れられることが多いですが、秋冬はシャツやブラウスなどで取り入れてカジュアルさを演出するのがおすすめ♪

The following two tabs change content below.
m.NaNa

m.NaNa

アパレル業界にてファッションデザイナーを経験。鮮やかなカラーが好きでカラーコーディネートにこだわったブランディングに従事。現在はフリーのデザイナー兼ライターとして活動中。