もう地味なんて言わせない! 上級者に学ぶブラウン&ベージュのパーカーコーデ

最終更新日: 2018/10/15 by watabe

優しい印象を与えてくれる“ブラウン”や“ベージュ”の茶系色。合わせやすくて便利な一方、茶系の落ち着いたカラーが顔周りにあると、地味な雰囲気になってしまうことも。茶系のアイテムを地味にならないように見せるためには、どんなコーデを作ると良いのでしょうか?

今回はトレンドでありつつも、大人にはカジュアル過ぎて特に地味になりがちな“パーカー”に的を絞ってみました。さっそくおしゃれ上級者のスタイリングを参考にしてみましょう♪

ブラウン×ネイビーでパーカーにも女性らしさをプラス♥

上品なカラーであるネイビーとブラウンの組み合わせを使えば、ブラック×ブラウンよりも柔らかく、女性らしいコーデをつくれます。スナップのように靴やバッグもいろいろと替えてみて。その日の予定やなりたい自分に合わせてチョイスすれば、おしゃれがもっと楽しくなるはずです。

オレンジっぽいブラウンパーカーなら、明るく楽しい印象に♥

ブラウンパーカー×シルバープリーツスカートのスポーティコーデ♥ 落ち着いた印象のブラウンですが、オレンジ寄りのブラウンなら、「温かさ」や「楽しい」といったオレンジが持つ明るいイメージをプラスすることができます。レディなプリーツスカートと合わせれば、エネルギッシュなスポーツMIXスタイルの完成です。

ブラウンパーカー×デニムパンツの定番スタイルを一気におしゃれ見えさせる派手色靴下♥

ブラウンパーカー×クラッシュデニムパンツのメンズライクな着こなしに、鮮やかなレッド靴下を投入♥ レッドやオレンジなどの派手色靴下は、コーデのポイントになるだけではなく、一気におしゃれ感をアップさせる優れものです。上下ともゆるっとしたリラックススタイルはブラック小物で引き締めて、Goodバランスを狙って。

ベージュパーカーの魅力を引き出す、ホワイトインナーのチラ見せ技をマスターしよう♥

シンプルなベージュパーカー×ブラックスキニーパンツの組み合わせは、それだけだとちょっと物足りなさを感じることも。そんなときには、ホワイトのインナーをチラッと見せてみて。スタイリングにメリハリができ、さらにホワイトの持つ”素材のイメージを伝える効果”が発揮され、おしゃれ度がぐっと高まります。

The following two tabs change content below.
rikona

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。