実は使える優秀アイテム! いつもの足元をローファーにチェンジしよう♪

最終更新日: 2018/11/08 by watabe

学生時代の良き相棒だったローファー。そのクラシカルな雰囲気は、実は大人女子のコーディネートにもしっくり馴染んでくれるんです。

特筆すべき魅力の一つは、合わせるテイストを選ばないこと。カジュアルからマニッシュ、きれいめまで幅広い着こなしもお手の物ですよ。

ローファーを取り入れたおしゃれなスタイリングを早速チェックしてみましょう!

【ローファー×カジュアルスタイル】

まず一足目にGETするならブラックのローファーがマスト。いつもはスニーカーを合わせていた足元をローファーにチェンジすると、グッと大人っぽさが高まり、ワンランク上の大人カジュアルスタイルが楽しめます。

大人女子の余裕を演出するには、全体をアースカラーでシンプルにまとめるのもポイント。ミリタリージャケットを肩に掛けてこなれ感を醸し出すテクニックも必見です。

【ローファー×きれいめスタイル】

クールなライダースジャケットに、鮮やかなイエローのフレアスカートが目を引きますね。全体を引き締めてくれるブラックのローファーをプラスすれば、通勤にもOKなきれいめコーデが完成します。

また、女性らしい華奢な足首を強調できるのもローファーならでは。ボリューム感のあるスカートとの対比によって、脚長効果が狙えます。

【ローファー×クラシカルスタイル】

レトロな雰囲気漂う小花柄ワンピースに合わせるシューズこそ、まさにローファーの出番です。全体のテイストに統一感が生まれて、クラシカルな着こなしが実現していますね。

ダークカラーでまとめたときは、小物で差し色をプラスするのがおすすめ。レッドのバッグは存在感を発揮しつつもいろいろなスタイリングにマッチするので、一つあると重宝しますよ。

【ローファー×マニッシュスタイル】

Iラインシルエットを意識した着こなしはスタイルアップ効果が抜群。着太りして見えやすい秋冬のコーデでも、ボディラインをすっきりと見せることができます。

スニーカーを合わせるとカジュアルに仕上がりますが、たまにはローファーでマニッシュなスタイリングを楽しんでみましょう。ざっくり巻いたストールやフェミニンなファー付きバッグと相まって、きちんと感とラフさの絶妙なバランスが完成しています。

【ローファー×ガーリースタイル】

今季大ヒットのざっくりニットに、秋らしいブラウンのタイトスカートをコーディネート。シンプルなブラックのローファーは、フェミニンなアイテムでまとめたガーリーなスタイリングにもしっくり馴染みます。

甘さのある女性らしい着こなしに抵抗があるなら、合わせる小物をブラックで統一するのがおすすめ。可愛らしい印象を程よく中和し、大人っぽい雰囲気をプラスすることができます。

The following two tabs change content below.
leeeaaa2525

leeeaaa2525

アパレル販売員の経験を経て、webライター業界へ。会う人・行く場所・なりたい自分に合わせたコーディネートを組むのが好きです。毎日が少し楽しくなるような記事をお届けします。