スニーカーに代わる楽ちん靴。「ローファー」ならスニーカーよりも大人っぽいのに同じくらい楽ちん♪

最終更新日: 2018/12/17 by watabe

スニーカーよりも大人っぽくてきちんと感のあるローファー。ぺたんこで足がきちんと覆われているから抜群の安定感で、スニーカーと同レベルの楽ちんさも魅力。
マニッシュなものと思われがちですが、ローファーの種類によって印象がぐっと変わります。コーディネートのテイストや、シーンによって自分にぴったりのローファーを見つければ、スニーカーと同じくらいヘビロテできます。スニーカーだとカジュアルすぎるけど、ヒールは苦手という人にもぴったりのアイテムです。

今回は、いろいろなデザインのローファーをご紹介します。自分にはどれが合うか探してみて。

ビットローファーはオフィスでも履ける端正さ

正式にはホースビットと呼ばれるこのローファーは、馬具をモチーフにした金具を甲部分に施したデザインです。グッチが有名ですが、今ではローファーの1つの種類として定着しています。
ビットローファーは端正なデザインが特徴。きちんと感の欲しいときにはもちろん、お堅めオフィスでのスタイルにも履いて行ける安心感があります。

ぽってりとした厚底がイマドキ感を高めてくれる

シンプルなデザインのローファーは、厚みのあるソールを選ぶと断然今っぽくなります。カジュアル感があり、あえて大人っぽいスタイルと合わせることで抜け感を演出できます。シンプルな分、どんなコーディネートにも合わせやすいので、OFFの日のスタメンアイテムになりそう。ラバーソールもおすすめです。

マニッシュと思っていたローファーもパール付きなら華やか

「ローファーはメンズっぽい」とこれまで避けてきた人も、パール付きなら安心です。女性らしいきれいめスタイルにも違和感なく履ける華やかさが漂います。デニムスタイルなどに合わせても、パールの女らしさがカジュアルな装いを品よく仕上げます。

きらめくチェーンがコーディネートのアクセントに

パール付きローファーと同じように甲にモチーフがついているデザインですが、印象はぐっと変わります。アクセサリーのように輝くチェーンが、コーディネートのアクセントとして存在感を発揮。特にカジュアルスタイルとは相性がよく、定番のコーディネートもこなれた雰囲気に。

コーディネートの洗練度を格上げしてくれる

バックル付きのローファーにはクールな表情が漂います。でも、スナップのようにアッパーの両側にスリットがあることで堅すぎない印象に。スポーティーやカジュアルスタイルの洗練度をぐっと引き上げてくれます。クールながらもシックなデザインなので、テイストを選ばずに取り入れられます。

The following two tabs change content below.
mayu

mayu

アパレルブランドの販売員、ファッション誌のライターアシスタントを経験。ファッションやコスメが大好き。映画も人生に欠かせません♡