子どもといっぱい歩く冬♪ スニーカーの大人カジュアルコーデ集

成長していく子どもと過ごす時間は同じ冬でも毎年違う思い出になっていきます♪ 来年はどこにお出かけしますか? 遊園地など観光地はもちろん、近所の公園やスーパーに手を繋いで行くだけで「素敵な思い出」になりますよね!
そこで今回は「子どもといっぱい歩く冬♪ スニーカーの大人カジュアルコーデ集」をご紹介します。

こなれた大人の「デニムパンツ」はバランス美人

ご近所コーデからアウトドアまで、「デニムパンツ」は何といっても幅広い場所に馴染む万能なカジュアルアイテム。どこに行くにも”とりあえず”のデニムパンツルックでありながら、こなれてコーデできる引き出しを持っていると慌てずに済みますね!

デニムパンツと「スニーカー」との組み合わせをあか抜けて仕上げるには”全身のバランス”がポイント。ベーシックなアイテム同士でサラッと旬顔に着こなせたら、まさに「おしゃれママ」決定です!
実はこれ見よがしじゃない分、あか抜けが難しい組み合わせ。時間があるときに、自分に似合う鉄板コーデをじっくり見つけておきましょう♪

行楽地へのお出かけは「スカート」で日常を差をつけて

一日中歩き回る遊園地や動物園など行楽地へのお出かけは、スニーカーを使ったカジュアルスタイルで快適に過ごしたいですね。せっかくの遠出ならば普段着と差をつけるとワクワク気分も上がりそう。そこで「スカート」を使ったカジュアルスタイルはいかがでしょうか♪ 特にパンツ派のママなら特別感がより楽しめますね!

ミニスカートは着なれないと動きづらいですが、長め丈のスカートなら安心です。またスカートとスニーカーを合わせたカジュアルコーデがなぜか子どもっぽくなりやすい方は、同系色にまとめるテクニックがおすすめ。特にボトムと靴をシックな色で統一すると、全身が高見えしやすくなります。

抱っこが多い時期に人気の「スキニーパンツ」

抱っこ紐の時期だけでなく、トイレを手伝ったり、こぼした物を拾ったり拭いたり。なにかと”しゃがみこむ”姿勢が多い子育て。曲げ伸ばしする脚に沿ってボトムが伸び縮みしてくれる「スキニーパンツ」は、動きに小回りが利きやすくなります。

そんな「スキニーパンツ」は動きやすいだけではありません♪ スニーカーをはじめとする「ボーイッシュなカジュアルアイテム」とも、パンツのタイトなシルエットがしなやかなメリハリを作ります。特にアウターで着ぶくれしやすい冬は、ボトムだけでも細くすると全身が軽やかに。

気分もリラックスできるふんわり「ワンピース」

夜中も数時間ごとにしか眠れない日々や、後追い、イヤイヤ期。嬉しい成長の中でも次々に変わる生活のリズムに、疲れが溜まるママも多いですよね! ふんわりとしたワンピースをゆるりと着こなして楽しめば、緊張の連続する心も緩められるかもしれません♪ 締め付けがないので、産後のお腹が痛い方にも嬉しいアイテムです。

スニーカーとワンピースで大人カジュアルに仕上げるなら、ワンピースは”ロング丈”が狙い目。今季はひざ下まで長さがあるシルエットがトレンド感を出しやすいポイントです。また冬の防寒対策に、レギンスやタイツ、さらに”タイツ+ソックス”でレイヤードするテクニックも今季注目されています。

汚れなんか気にしない! 「カーキパンツ」をスタイリッシュに

山へ!公園へ!アスレチックへ! 「泥ぐらいの汚れは気にしない♪」と大らかになれる服装でありながら、オシャレだったら嬉しいですよね♪ そんなときミリタリーを思わせる「カーキ色のパンツ」ならワイルドに過ごせそう。ユニセックスなアイテムも多く、男の子も女の子も、親子でリンクコーデにトライしやすいアイテムです。

そんな「カーキパンツ」とスニーカーのコーデは、見た目から作業着っぽくなりやすいデメリットが。しかしトップスに”きれい色”のアイテムを加えたり、レディなアクセサリーを添えたり、スタイリッシュに仕上げるひと工夫があると素敵に楽しめます。
またミリタリーなカーゴパンツだけでなく、ワイドパンツにするとモード感をプラスできたりと、パンツシルエットを変えるだけで印象が一変します。

The following two tabs change content below.