見られているのは前だけじゃない? 腰~お尻カバーコーデ4選

最終更新日: 2018/12/31 by watabe

30代を越えるとお肉がつきやすくなる後ろ姿は、年齢を感じさせやすい部分でもあります。しかし自分ではなかなか気づきにくいため、意識してコーディネートすることが大切♥
今回は腰からお尻のラインをキレイに見せるアイテムや、着こなし方のポイントをお伝えします。

※記事中のモデルさんはみなさんスタイルの良い方ばかりですが、一般的なテクニックとしてご参考にしていただけると幸いです。

ロング丈テーラードジャケットで痩せ見え

ついつい着心地の良い柔らかい素材を選びがちですが、肉感をカバーするのはハリのある堅い素材です。腰が隠れるロング丈のテーラードジャケットなら、体のラインを響かせずしっかりカバー♪ 一着持っておくことで、お仕事や学校行事など幅広いシーンで活躍してくれます。

ブラウジングワンピースでメリハリを

面積が大きくのっぺりと見えがちなワンピースには、ウエストに疑似的なくびれを作るのがおすすめ♥ ウエストにゴムが入ったブラウジングのワンピースなら、ゆったりと着られるのにメリハリが生まれ、さらにスタイルアップも叶います。

サイドスリットニットでどこから見ても美シルエット

見られているのは立っている姿勢だけではありません。しゃがんだり歩いたりしているときも気になるお肉をカバーしてくれるのは、サイドに切り込みの入ったデザイン♪ 体と服が一緒に動くので、服が突っ張ることを回避してどんな姿勢もキレイに。

ウエストポーチがスタイリッシュにくびれを演出

ボリュームのある服をバランスよく見せるために、小物を取り入れるのもおすすめ。腰に巻いたブラックポーチはウエストのくびれを演出し、さらにお腹周りもカバーしてくれる優れものです。レザー調の素材がローファーと相まってスタイリッシュな雰囲気に。

The following two tabs change content below.
rikona

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。