春夏コーデの主役に「スカート」を! 絶対おしゃれに決まる2019年の鉄板4タイプ

最終更新日: 2019/03/18 by watabe

2019年春夏コーデに欠かせないおしゃれな「スカート」。今年は可愛いデザインが豊富で、どれを選ぼうか迷ってしまいますよね。そんなあなたに、今季とくにおすすめの4タイプをご紹介します。

また、今っぽく仕上げるポイントはスタイリングにも。よりおしゃれに着こなすコーデテクニックも併せてレクチャーします! ぜひ、ご自身のワードローブにピッタリの1枚を探してみてくださいね。

1. 「春色プリーツスカート」はまずゲットすべし

今季、絶対に外せないのが「春色プリーツスカート」。折ひだの細いシャープなタイプが大人っぽく繊細なコーデを作れるのでおすすめです。カジュアルからキレイめまで使える守備範囲の広さも魅力的。

さっそく、ファッショニスタの「春色プリーツスカート」コーデをチェックしていきましょう。

 

トレンドのペールトーンがおしゃれなミントグリーンのプリーツスカートは、ホワイトパーカーと合わせてカジュアルにコーデ。今年は、スカートをあえてカジュアルに着るのが断然気分です。

縦ラインを作ってくれるプリーツスカートは、ロングアウターを羽織ってもシュッとした印象をキープ。大人コーデにぴったりはまります。

 

アイシーグレーのプリーツスカートは、ブラックパーカーと合わせてモードな装いに。インナーに忍ばせた白カットソーをチラ見せさせたり、ホワイトスニーカーで足元を軽く仕上げたりすると、モノトーンコーデも春仕様に。

先ほどのコーデと使っているアイテムは似ていますが、色次第でこんなにも印象チェンジできるので、お好みのテイストが作りやすいはず。

 

こちらのスナップは、淡いパープルのプリーツスカートにレースブラウスを合わせたキレイめコーデ。ちょっと甘めな装いも、今年はほんのりエッジを効かせるとおしゃれ感が段違い!

ヌーディーベージュのショートブーツで足元をあえて辛めにまとめて、いつものフェミニンから気分転換を。

2. Aラインの「柄スカート」で最旬スタイルに

ふんわり広がりすぎず、でも裾はひらっと揺れるAラインにトレンドの柄をプリントしたスカートは、コーデに取り入れるだけで最旬スタイルが完成! 女っぽく決めるなら花柄を、ちょっと辛口にしたいならレオパード柄をチョイスしてみて。

 

可憐な小花柄のAラインスカートは、ベースカラーが黒やネイビーなど暗めの色だと大人っぽい印象に。トップスは明るいカラーを合わせて季節感を演出しましょう。

柄スカートなら、ワンツーコーデも奥行きたっぷりに仕上がります。カジュアルなヘンリーネックニットで、女っぽいスカートをカジュアルダウンしたバランスが秀逸!

 

ちょっと辛口なレオパード柄は、スウェットと合わせて大人カジュアルに。スニーカー合わせでラフにまとめたら、華奢アクセサリーをプラスして女性らしさを漂わせると、より大人っぽさが増して好バランス。

 

春夏らしいフレッシュな印象を作るなら、イエローベースがイチオシ。オーバーサイズニット×スカートのゆるコーデも、色でメリハリをつけると野暮ったくならず、おしゃれ見えが叶います。

今年は、去年まで流行っていた大柄よりも、控えめで繊細な中花~小花柄を選ぶことを意識してみて。派手すぎる柄はちょっと古い印象になるので注意!

3. 「ティアードスカート」は2019年春夏も人気!

昨年に大流行した「ティアードスカート」は、今年もまだまだトレンド継続しそう! 鮮やかなカラーか、大人なベーシックカラーか迷ったときは、どちらも本当に使えるので両方ゲットするのもアリ。

 

鮮やかなパープルのティアードスカートは、コーデの主役級アイテム。ふんわりシルエットがレディライクなのでスニーカーでカジュアルダウンすると◎。

あえてウエストインしない、ゆるっとしたシルエットが今っぽさを加速してくれます。

 

大人っぽくティアードスカートを着こなすなら、ベージュなどの定番カラーをセレクトして。ラフにTシャツとコーデするだけでもティアードの立体感で奥行きたっぷりに仕上がります。こちらのスカートは、ウエストの幅広シャーリングで脚長効果もばっちり!

4. 「チュールスカート」はあえてカジュアルに!

繊細で女性らしい「チュールスカート」は、あえてカジュアルに着こなすのが今シーズンのお約束。とことんカジュアルにコーデしても、柔らかなチュールの素材感が程よくレディさを漂わせてくれるので、自然とおしゃれバランスが整うはず。

 

オーバーサイズのスウェットパーカーに、ダスティピンクのチュールスカートを合わせたゆるコーデ。カジュアルなアイテム×チュールの繊細な女っぽさで、今どきのテイストMIXが生まれます。足元もスニーカーで力の入り過ぎないこなれ感を意識してみて。

 

こちらは、ブラック×グレーでまとめたモノトーンコーデ。大人っぽいシャープな配色ですが、チュールが女っぽさを演出してくれるので、ハードになりすぎず好バランスです。

ボーダーで爽やかな春夏らしさを添えて、ダークカラーだけど季節感を感じる着こなしに。

The following two tabs change content below.
m.NaNa

m.NaNa

アパレル業界にてファッションデザイナーを経験。鮮やかなカラーが好きでカラーコーディネートにこだわったブランディングに従事。現在はフリーのデザイナー兼ライターとして活動中。