春の足元は「レギンス」にお任せあれ! 長ズボンじゃ暑い日の馴染ませコーデ術

最終更新日: 2019/03/27 by watabe

春らしい気温に変わり、長ズボンでは暑い日が増えてきていませんか? でも夏みたいなショートパンツはまだ気が早いし、スカート一枚では足元が心許ない……。そんなときは「レギンス」にお任せを♪

着こなしはとっても簡単で、この時期着たいスカートやワンピースにレギンスを合わせるだけ。春らしく涼しげな足元と、年齢相応の落ち着きの両方を手に入れることができます。

今回はレギンスを使った、浮かない着こなし術をご紹介します♪

軽やかなワッフル素材は優しいブラウンのレギンスでまとめてバランス調整♪

メンズだけではなく、今年はレディスでも人気のワッフル素材を使ったワンピース。その柔らかい質感を生かして優しい印象に仕上げるなら、レギンスの色にもひと工夫が必要です。

重く見せず、春ならではの軽いニュアンスを出したいならブラウンのレギンスを合わせましょう。浮いてしまうかも?と気になったら、全体を同系色でまとめれば馴染みも抜群。違和感なく取り入れることができます♪

柔らかいレギンスだからスウェット素材とも相性がいいんです♪

ラフなスウェット素材をレディライクなワンピースで着こなした、こちらのスナップ。キャップにスニーカー、ボディバッグに加え、ボトムは硬いジーンズやルーズなスウェットでカジュアルに仕上げたいバランスですが、あえてのレギンスできれいめ感をON。
さらにレギンスの柔らかい質感がぴったりとシルエットを出してくれるので、軽やかなアクティブスタイルに仕上がっています♪

柄物ロングワンピースなら暗すぎず主張しないグレーレギンスが好バランス♪

今シーズンも定番となっている、花柄のロングワンピース。春夏にレギンスと柄物アイテムを合わせるときは、暗くならず主張しないグレーレギンスが使い勝手抜群ですよ。

ロング丈のワンピースやスカートはトレンドですが、10分丈レギンスを合わせてしまうと重く見える危険があるので、ヒールがあるパンプスで重心を少し上げるのがおすすめ。

透け素材のスカートは脚のシルエットを見せるレギンスが最適♪

春らしい明るめのスカートやフレアシルエットなボトムを合わせるときもレギンスが優秀。脚のシルエットをきれいに出しつつ、隠してほしい部分はきちんとカバーしてくれるので、お望み通りのコーディネートを叶えてくれます♪

白や薄い色のボトムには憧れるけれど、透けるのが気になる人にもレギンスがお役立ち。一枚持っているだけで「透けるから着られない」お悩みから解消されますよ♪

The following two tabs change content below.
sakanon

sakanon

高校にてファッション科を専攻し、芸術大学の卒業を経て、中古アパレル・ブランドの店長として約9年間の経験を積みました。 現在は、それらの経験を活かし、在宅ワーカーとしてアパレル、中古売買などに関わる記事のライターを務めさせていただいています。 今でも古着屋巡りが好きで、安くて良いものを見つけるとワクワクするアラサー女です。