今年の裾は出す? 入れる? 春のボーダートップス、迷ったら”ボトムイン”!

最終更新日: 2019/04/02 by watabe

近年のトレンドコーデは”トップスイン”するのが常識! 今季は”インしない”コーデも注目されてきていますが、まだまだ主力のコーデテクニックです。特に野暮ったくなりやすい”毎年定番のアイテム”は、トレンドを意識して着こなしたいところ。

そこで今回は、春に欠かせない「ボーダートップス」をピックアップ。ボトムスにインしたコーデを集めました。コーデの参考にしやすい、【パンツ・スカート】に分けてご紹介します。

【パンツ/01】カーキ色のミリタリー気分をゆるっとナチュラルに

ミリタリーテイストが強くなるカーキ色パンツを、ローファーでクレバーに仕上げた装い。ボトムインすることで、ゆるっとしたパンツのシルエットが引き立ちます。

【パンツ/02】タイトなパンツにボトムインして魅せるシルエット

ワイドパンツやイージーパンツなど、ボリューミーなボトムスにインすることの多いボーダートップス。あえてタイトなパンツにインするテクニックも狙い目です。
体のしなやかなラインが前面に出るので、ボーイッシュでありつつ隠れたモテコーデ! 色っぽさを忘れずアクティブでいたい、学生さんの毎日にもおすすめです♪

【パンツ/03】きちんと感とカジュアルの調和が大人にちょうどいい

ドレープやタックの入ったパンツは、トップスをインすることで魅力が際立つアイテム。ボーダートップスもインすると、きちんと感ある大人のカジュアルスタイルに仕上がります。

【パンツ/04】ライトカラーのデニムワイドパンツを淡い色でまとめる

全身を淡い色でまとめるコーデが、今季おしゃれ感度の高い人の間で人気! ライトカラーのデニムパンツに、あえてベージュがグレーなどの優しい色を合わせるのが新鮮です。
またボーダートップスの色も”淡い色”がトレンド。今シーズン新調するなら狙い目のポイントです♪

【パンツ/05】春夏コーデにマストな白パンツはコーデ力で差をつける

着こなしをグイッと軽やかに仕上げてくれる「ホワイトカラーのパンツ」は、暖かくなってからの季節に欠かせないアイテムです。毎年の定番だからこそ、コーデで差をつけたいところ。
春はボーダートップスをボトムスインして「バレエシューズ」で仕上げれば、旬顔になること間違いなし!

【スカート/01】きれいなカラーのスカートが春らしい華やぎ演出

おとなしく収まってしまいがちなボーダートップスの春コーデ。華やかな変化が欲しいなら、「きれい色のスカート」がおすすめです。春らしい華やかさで、ボーダートップスのマンネリを打破して♪
また、モデルさんは靴やバッグをレザー調でかっちりと。そんな「ふんわりスカート」とのメリハリが、着こなしをセンスアップさせています。

【スカート/02】硬めな生地が存在感あるロングスカートはモードにキマる

ロング丈スカートの中でも、”硬めな生地”を選ぶとコーデがひと味違った雰囲気に。モード感のあるカジュアルスタイルを作りたいときに頼れるアイテムです。もちろんトップスはインして、ハリがある生地の存在感を邪魔しないのがベスト。

【スカート/03】レディな装いの抜け感としてボーダートップスを投入

モデルさんはレディな装いに、あえてボーダートップスを”カジュアルの抜け感”としてON。凛としたしなやかさに、ラフな気分でメリハリを作った上級者コーデです。

【スカート/04】ボリュームUPして再注目されているチュールスカート

再注目されている「チュール生地のスカート」は、ヴィンテージパニエのようにボリューミーになってカムバック。ちょっとしたお出かけにも馴染むよう、カジュアルダウンして楽しみたいですね♪

【スカート/05】ロング丈のスカートにはトップスインが間違いなし!

スカートルックでも、ボトムインしない着こなしが復活してきている今季。とはいえスカートの中でも「ロング丈のスカート」は、”イン”してトップスをコンパクトにした方がすっきり仕上がりやすくなります。
ボーダートップスを使ってコーデするなら、まずは”イン”してみて!

The following two tabs change content below.
fujisakiwith

fujisakiwith

ファッションライター。読んでいただいた方の ”毎日がちょっと楽しくなる” ような文章を作っています。