「のっぺりホワイトコーデ」におさらば! ワントーンをおしゃれに見せる技4選♡

最終更新日: 2019/04/18 by watabe

憧れの清純な「ワントーンコーデ」。爽やかなホワイトカラーでまとめると春らしい季節感が出ますよね♪
でもホワイトカラーは引き締め色と比べ、難易度が高めなので注意が必要。ホワイトのワントーンに失敗すると、とてものっぺりとしてメリハリのないコーデになりがちなんです。

今回は、のっぺりコーディネートにならないコツや、好バランスなホワイトカラーのワントーンコーデをご紹介します。

全体的にホワイト比率が多いときは「高めウエストにワンアイテム」でバランス調整♪

ホワイトのシャツワンピースは着回しやすさバツグンで便利なアイテムです。春に一枚持っていると重宝しますが、ワントーンかつオーバーサイズだとメリハリが効きにくいのが困ったところ。

そんなときは、ウエストにショルダーバッグなどでワンポイントを作ってあげると”のっぺり”としません。バッグのストラップをわざと短めにすれば重心が上がり、脚長効果も狙えちゃいますよ♪

ホワイトカラー同士でも「異なる質感&ディテール」でのっぺり回避♪

上下ホワイトカラーの組み合わせでも、スカートやトップスいずれかに凹凸やギミックがあると差がつき、平坦なコーディネートになりません。
特におすすめなのが「ホワイトのデザインスカート」。春夏に増えてくる透け感あるトップスとも合わせやすいですよ♪

ロールアップの足元に「スリッポン」を投入でこなれ感UP♪

デザインニットを生かしてこなれ感たっぷりに仕上げるなら、ロールアップしたパンツがぴったり。スナップでは全身が清涼感のあるホワイトカラーでまとまっているので、ゆったりとしてラフなテーパードのベイカーパンツもだらしなく見えません。
今シーズンも流行しているスリッポンを合わせれば、トレンドも取り入れた上級者コーデが完成しますね♪

清楚なワントーンのイメージを「小物」で外しておしゃれ上級者♪

全身をホワイトでまとめてしまうと、どうしても清楚やコンサバティブなイメージになりがち。男性とのデートやおしとやかな場面ではいいですが、思いっ切り動きたいときに清楚過ぎるとちょっとミスマッチなことも。

そこで小物で外すテクニックを取り入れてみましょう。カジュアルなパイソン柄やチェック柄を小物で投入すると、一気にカジュアルダウン! 活発に過ごしたい日やお友達とのお出かけなど、アクティブなシーンにも対応できますよ♪

The following two tabs change content below.
sakanon

sakanon

高校にてファッション科を専攻し、芸術大学の卒業を経て、中古アパレル・ブランドの店長として約9年間の経験を積みました。 現在は、それらの経験を活かし、在宅ワーカーとしてアパレル、中古売買などに関わる記事のライターを務めさせていただいています。 今でも古着屋巡りが好きで、安くて良いものを見つけるとワクワクするアラサー女です。