2割色気を増す♡ カーディガンコーデが可愛くなる4つの着こなし術

最終更新日: 2019/05/12 by watabe

羽織ったり一枚で着たりと重宝し、何枚あっても困らないカーディガン。出番の多いアイテムだからこそ、ちょっとの工夫でコーデに差をつけていきましょう。

カーディガンコーデの幅を増やす着こなし術をご紹介します!

カーディガンをタンクトップやキャミソールに重ねる

Tシャツに合わせることも多いと思いますが、タンクトップやキャミソールに重ねるとさりげなく色気をプラスできるんです。前を開けてサラッと羽織っても、ボタンを留めてキャミソールを覗かせても可愛いですよ。

カーディガンにベルトONでキュッと女性らしく

ベルトでウエストマークすると、腰高効果でウエストを細く見せスタイルアップが狙えますよ。ぽわんとしたシルエットのカーディガンを女性らしく着たいときに、おすすめのコーデテクニックです。

首元にチョーカーネックレスで顔まわりを華やかに

コーディネートを組むときに「引く」「足す」を計算するのは大切ですよね。最近はシンプルなコーデが主流で「引く」ことも多かったけれど、「足す」のもやっぱり可愛い♪ チョーカーならシンプルながらも映えるので、カーディガンコーデにぴったりです。

スカーフ一枚で、シンプルなカーディガンコーデを旬に

「サラッとカーディガンを羽織ってコーデ完成!」……もちろん、それだけでもスタイリングは完成しますが、より鮮度の高いスタイルを目指すならスカーフをプラス。脱・ベーシックが叶います。

いつものカーディガンは少し工夫するだけでグッと見違えます。マンネリを感じたときは、ひと手間加えてコーデをアップデートしましょう。

The following two tabs change content below.
mamiko

mamiko

ヘアメイク、美容部員、エステティシャン、アパレル勤務を経て、現在はフリーライターとして活動中。美容やファッションなど女性向けの記事を執筆しています。 素敵だと思うのは、『年齢相応の美しさ、可愛さを大切にする女性』。